【老将バドゥと日本サッカー最終回イラン代表監督として日本と対戦、来日後は長野での生活を愛する

 1997年にジョホールバルで行われたフランスワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3代表決定戦は、日本が本大会への初出場を決めた試合として多くのファンに記憶されている。

 イランは駆け引きの多いチームだった。前日練習の際には、エースストライカーのコダダド・アジジが車椅子に乗って現れ、試合中にもGKアハマド・アベドサデが負傷したふりをして何度も倒れ込み、時間稼ぎをした。だがこの時、イラン代表を指揮したバドゥ監督は、その後日本で指導した際にはこうしたマリーシア(狡賢さ)を求めなかったという。

 むしろ来日当初から積極的に日本の良さを学び、取り入れていく姿勢が顕著だったという。長野エルザSC(現・AC長野パルセイロ)監督時代にコーチを務めた佐藤実は、監督を送迎していた時期があり、車中で長淵剛の曲を流すとバドゥは早速興味を示したという。

「よし、これで俺も日本語を覚えるぞ」

 その後、自分で車を購入すると、いつも大音響で流すようになった。グラウンドに長淵が響き渡ると「あ、来た来た」と、監督の到着に誰もが気づくようになるのだった。

 また合気道にも興味を持ち、選手も誘って通うようになった。

「たぶん精神を集中する効果などがあったのでしょうけど、みんな『バドゥさんが言うから』とついていっていました。もし僕が言い出したら、『何言ってるの?』で終わっていたと思いますよ」(佐藤)

 結局佐藤は、半年ほどでチームを離れていくのだが、バドゥ監督は長野を愛し3年間指揮を執った。

「ここは空気も澄んで、山も街並みも美しい

 いつもそれを繰り返し、海外から届くはるかに厚遇なオファーを断り続けた。

「日本はリーグ戦のスケジュールも整備され、公平性が保たれ八百長もない。これは本当に素晴らしいことなんだ」

 日本人が当たり前のように享受していることが、いかに貴重なのかを繰り返し説いた。

「選手が楽しいと感じなければ、次の世代には何も残らない」

 こうしてバドゥと接することで、佐藤の指導に対する考え方も変化していった。

「とにかくトレーニングでは、選手たちを競わせ、ゲーム性を取り入れながら、物凄く楽しくやらせることに主眼を置いていました。もっと毎日の生活でサッカーに比重を置くようにと力説する一方で、プロでも喜びを感じさせることがとても大切なんだ、と話していました。選手がいるから、我々指導者の仕事も成立する。それを忘れてはいけない、と」

 その後佐藤は、松商学園高校での指導を経て、現在は堀越高校で選手主体のボトムアップ理論の実践に取り組んでいる。

「日本の現場では、選手たちは指導者が何か教えてくれるのを待つ習慣ができていました。だから自由にやっていいと言われても、判断基準がないから、チームバラバラになるリスクに直面することもありました」

 そう言って、佐藤は続けた。

「面食らったのは、公式戦の前日練習でした。サッカーバレーセットプレー、それにほんの少し攻撃の確認をして終わり。最初は不安を覚えました。『これで大丈夫なの?』と。でもバドゥさんは、『毎日準備をしてきているのに、これ以上何が必要なんだ? もうエッセンスは伝えてあるだろう』というスタンスでした。実際に試合でもコンディションは良かった。それは新鮮な驚きでした」

 選手が主体で、指導者は見守り、適切な手助けを試みる。現在、堀越高校では、そんな部活が実践されている。

「選手が楽しいと感じなければ、次の世代には何も残らない」

 今でも佐藤は、バドゥが残した言葉を心に刻み込んでいる。

(文中敬称略)

プロフィール
ヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラ(愛称バドゥ)

1944年7月11日生まれ。ブラジル・サンパウロ州生まれ。ドイツケルン体育大学出身で、同国で指導者ライセンスを取得。1997年フランスW杯最終予選では、日本との第3代表決定戦直前にイラン代表監督に就任。日本には敗れたが、大陸間プレーオフでオーストラリアを下し本大会出場に導く。2006年からは長野エルザサッカークラブ(現・長野パルセイロ)で指導。他にコスタリカ、オマーンクウェートなどの代表監督を歴任し、2014年にはJ2時代の京都サンガF.C.でも指揮を執った。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

当時イラン代表を率いたバドゥ氏【写真:Getty Images】