アディダスイベントで大場美和とともに実演指導、16日はドイツ行き懸けて勝負

 アディダスジャパンは15日、都内のB-PUMP荻窪でボルダリングコンペティション「adidas ROCKSTARS TOKYO 2019」を開催した。世界各国から強豪選手が集うスポーツクライミングの祭典「adidas ROCKSTARS」が、9月にドイツで行われる。今回の東京大会は、ドイツ行きの切符と賞金総額200万円を懸けて国内のトップクライマーたちが競い合っている。

 同コンペティションは4年目を迎え、競技は一般クライマーを対象とした「BE A ROCKSTARクラス(15日)、その成績上位者と招待されたトップアスリートのみが参加できる「ROCKSTARS」クラス(16日)の2種類を実施。さらに、アディダス契約アスリートが直接クライミングのレッスンを行う「adidas ROCKSTARS CLIMBING SESSION」も開催している。

 競技中は選手たちが熱い戦いを展開する中、DJの音楽、ライトアップによる演出などで会場はヒートアップ。出場したクライマーのみならず、観戦者にも楽しめる熱狂的な雰囲気となった。レッスンには、初心者を中心にレベルアップを目指す幅広い世代約30人が集まり、藤井快、緒方良行、大場美和のトップクライマーたちが直接指導。「adidas | Five Ten」のクライミングシューズ「ANASAZI」を実際に着用した参加者に、正しい履き方や選び方を熱心に伝えた。

 ボルダリングジャパンカップ2016年から3連覇した藤井は「経験のない方が多い。(自分が競技を始めた)当時を思い出す。トップ選手に教えてもらえる機会が多くなかったので、いいなぁって。楽しそうだなと思いました」と笑顔。苦戦する参加者にも、足を置く際の向きや順番、ルートアドバイスを丁寧に説明。東京五輪出場を目指す26歳は16日に出場する試合に向けて「是非、優勝したい」と力を込めた。

 緒方は8日に米国で行われたボルダリングのW杯で初優勝したばかり。壁と体の距離感、体重移動の仕方などを教えると、あっという間に上達する参加者も。実演指導では世界最高峰の動きを生で伝え、会場を盛り上げた。「自分も楽しかったし、皆さんの表情も豊かで楽しんでくれたのかなと思いました」。8月の世界選手権へ弾みをつけるためにも「昨年は(この大会で)悔しい思いをしたので、今年こそ優勝したい」と3年ぶりの大会制覇を狙う。

 16日の競技は「ROCKSTARS」クラスなどが予定され、レッスンも行われる。国内のトップ選手たちが激しい火花を散らす戦いに注目だ。(THE ANSWER編集部)

参加者を指導する緒方良行(右)【写真:松橋晶子】