TAKUMI JAPANは本日(2019年6月15日),2019年6月7日に発売したゲーマー向けスマートフォンBlack Shark 2」の発売記念イベントBlack Shark 2 日本上陸記念イベント」を,東京のe-sports SQUARE AKIHABARAにて開催した。


 当日はゲストを招いてのトークや,同端末を用いた「PUBG MOBILE」のデモンストレーションプレイが行われた。本稿でその模様をレポートしよう。


 SoC(System-on-a-Chip)はQualcomm Snapdragon 855,メインメモリ容量12GB,液冷式冷却システム,6.39インチ有機ELディスプレイ,急速充電可能な4000mAhバッテリーといったスペックに加え,人間工学に基づいたデザインや手に持っているときでも通信の邪魔をしない6カ所のアンテナ配置,世界最速レベルタッチ感度など,ゲームプレイに最適なスペックで設計されているBlack Shark 2。4Gamerではこうしたスペックについて,詳しいレビューをお届けしているのでそちらもご覧いただきたい。




 ステージで行われたPUBG MOBILEのデモプレイでは,グラフィックスの設定を最高の「スムーズ・極限」にしても60fpsキープしてヌルヌル動き,快適なゲームプレイを実現している。


 また本機の独自機能である「マスタータッチ」は,ボタンレイアウトを自分好みに設定できるほか,感圧センサーによる“押し込む”という操作をアサインすることで,画面から指を離さなくてもボタン操作が行える。PUBG MOBILEなら,移動をしながらボタンに手をかけることなくジャンプが行えるというわけである。


 イベント後半にはPUBG公式パートナーのれいしーさんとぽんすけさんが登壇し,にBlack Shark 2よるPUBG MOBILEゲームプレイを披露した。


 今回れいしーさんはBlack Shark 2のサイズに合わせて,両手の親指・人差し指・中指の6本を使った独自のプレイスタイルを披露。2人は腕前だけでなく,コンビネーションもバツグンで,ステージ上で行った3試合全てにおいて“ドン勝”を飾った。



 普段は大きな端末でプレイをしているというれいしーさんも,実際にBlack Shark 2でプレイをしてみて,「この端末に乗り換えて,今後も6本指でやってみたい」とその感想を語っていた。


リンクTAKUMI JAPANのBlack Shark 2製品情報ページ


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/460/G046080/20190615018/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE Blackshark

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

「Black Shark 2 日本上陸記念イベント」をレポート。「PUBG MOBILE」公式パートナーが,その性能をアピール