(yongtick/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

「子供は社会で育てるもの」という考え方があるが、他人の子供に注意をするのは、なかなか勇気がいるものだ。しかしながら、公共マナーを守らない子供を全く注意しない親や、厳しすぎるしつけをする親を見て、違和感を覚えたことがある人もいるのではないだろうか。

 

■6割が違和感

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の63.3%が「他人のしつけに違和感や疑問を持ったことがある」と回答した。

しつけ

6割の人が他人のしつけに違和感を感じた経験があることが判明。なお、男性62.2%、女性64.3%と、男女間で大きな差は見られない。

 

■10代は7割がしつけに疑問

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

しつけ

もっとも割合が高かったのは10代男性で77.8%とダントツ。女性は60代の割合が69.5%ともっとも高く、10代が68.5%で続く結果に。男女ともに10代の割合が高く、20代で一旦割合が下がり、年代が上がるにつれて徐々に割合が高くなっていくのが特徴的だ。

10代は公共の場で家族連れのしつけを目の当たりにするのとは他に、友人の家族と会う機会もあるだろう。しつけの場面に居合わせる割合が高く、おかしいしつけに遭遇する確率も高くなるのかもしれない。

 

■自由業は8割も

さらに、この調査を職業別に見ていくと…

しつけ

もっとも他人のしつけに違和感を感じているのは、自由業で79.2%。世代別の調査で10代の割合が高かったことから、学生が73.5%と続くのはうなずける。

また、家族連れも多く利用する公共施設や店舗などで勤務している公務員(71.4%)や自営業(69.6%)アルバイト(65.8%)の割合が高い結果となった。

・合わせて読みたい→流行りの「親子コーデ」の印象は? 子育て世代では難色を示す意外な結果に…

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

他人のしつけに疑問を感じたことある? 叱らない親・厳しすぎる親に6割が違和感