令和の時代となり、この1カ月あまりの間、秋篠宮家の長女・眞子さま(27)と次女・佳子さま(24)が公の場へ姿を見せられる機会は多かった。

 5月11日眞子さまは「森と花の祭典『みどり感謝祭』」の式典に出席され、「日本中で緑が守られ、育てられ、増やされ、生かされていることを誠に心強く思います」と述べられた。この日の眞子さまは、式典にふさわしくグリーン系のワンピースをお召しになっていた。

 代替わりに伴って、天皇陛下と秋篠宮さまを中心とした公務の負担は大きく、分担が間に合っていないとも言われる。「みどり感謝祭」式典は、毎年秋篠宮ご夫妻が臨まれ、眞子さまが受け継がれた行事の一つだ。その他に、5月23日長野県で行われた「全国都市緑化祭」式典と、「国民体育大会」総合閉会式の行事が眞子さまに引き継がれている。

紀子さまと眞子さまの「1泊2日京都ご旅行」

 実は「みどり感謝祭」式典の当日であった5月11日から1泊2日の日程で、秋篠宮妃紀子さまと眞子さまは、京都市内の大聖寺を訪れられている。これはプライベートなご旅行で、取材設定はなかった。紀子さまは悠仁さまが通うお茶の水女子大学附属中学校の保護者会に出席されてから、また眞子さまは公務を終えられてから、別々に京都へ到着された。大聖寺は尼門跡寺院であり皇室と縁も深く、紀子さまが2015年から名誉総裁に就任されている。

 毎年5月に「大聖寺文化・護友会総会」が開かれていて、会員が年に1回集まり、有形・無形の文化を守るという趣旨で懇親を深めているという。この場に、紀子さまと眞子さまはそろって和装でいらしたそうだ。

 将来的に、紀子さまが眞子さまにこの名誉総裁職を引き継がれる可能性もあるかもしれない。だからこそ、眞子さまをお連れになってお二人で、京都へ足を運ばれたのではないだろうか。

 ただ、眞子さまアメリカ留学中の小室圭さんとの婚約内定状態が続いている。小室さんはフォーダム大学ロースクールのLLMコースを修了したが、卒業式に姿を見せなかったことが話題になった。眞子さまの今後の活動については不透明なままだ。そこで、今春にICUを卒業されたばかりの佳子さまが一層活動の幅を広げられることが期待されているとも言えるだろう。6月3日には、紀子さまが担われてきた「産経児童出版文化賞」贈賞式に、佳子さまが出席された。

佳子さまは若々しい振袖姿でお出ましに

 5月13日、紀子さまと佳子さまは「グランドハイアット東京」で開催された「セーブ・ザ・チルドレン」創設100年を記念するチャリティディナーに出席された。お二人とも、紛争地や被災地などの子どもの支援に取り組む「セーブ・ザ・チルドレン」の活動に関心をお持ちだという。この日のお二人は和装で、佳子さまは若々しい振袖姿でお出ましに。チャリティディナーに先立って、活動を紹介するパネル展示をご覧になった。

 かつて、紀子さまは同NGOチャリティパーティブラックフォーマルなドレスでお出ましになったこともあり、ダーク系のお召し物でいらっしゃるのかとも考えていたのだが、今回の紀子さまと佳子さまの華やかなお姿は、会場でも一際美しく目立っていたのではないかと思う。

 紀子さまが眞子さまや佳子さまとご一緒に行事やパーティへお出ましになるということは、ご姉妹をその場に居合わせた人々へ紹介なさりたいという意味合いもあるのかもしれない、と考えることがある。

 というのも、高円宮家の三女・守谷絢子さんと、結婚相手である守谷慧さんが出会うきっかけを作られたのは、高円宮妃久子さまだったからだ。

パーティで出会った守谷さんに好感を持たれた久子さま

 久子さまは2017年11月、「国境なき子どもたち」の設立20周年記念チャリティパーティで守谷さんとお会いになり、その人柄に好感を持たれてから、久子さま主導で二人を引き合わせられている。守谷さんと絢子さんは出会ってから半年の“スピード婚”ではあったものの、久子さまと守谷さんの両親の間には長年の親しい交流があったようだ。

 守谷さん夫妻は、都内の賃貸マンションで暮らしているという。ただ、今後も皇室の行事に参加することや、皇居に参内して控えの部屋でお待ちするような機会も多くあるため、新居選びに際しては「日常生活の場で、モーニングコートなどの正装をしていても通りに出ないでいいよう、車寄せのある建物」という条件を設けられていたようだ。

 現在、皇族14人(天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻を除く)の中で、未婚の女性皇族は6人。安定的な皇位継承を検討する議論について、菅義偉官房長官は、天皇陛下の代替わり儀式を終える今秋以降に進める考えを示しているが、女性皇族が降嫁された後の生活や仕事について、上皇ご夫妻の長女・黒田清子さんと合わせて、守谷絢子さんは一つのモデルケースになると言えるだろう。

 秋篠宮ご夫妻は、6月27日からポーランドフィンランドを訪問される。それに先立って記者会見に臨まれる予定だ。膠着状態が続いているように見える眞子さまのご結婚問題や、悠仁さまが進学されたお茶の水女子大学附属中学校での「刃物事件」など、このところ、秋篠宮家を揺るがす出来事は多かった。天皇陛下(当時は皇太子さま)がいわゆる「人格否定発言」をなさったのも、2004年5月のヨーロッパご訪問を前にした記者会見でのことだった。「皇嗣」のお立場となられてから初めての海外訪問を前に、秋篠宮さまは何を語られるのだろうか。

(佐藤 あさ子)

5月4日、一般参賀での眞子さまと佳子さま ©文藝春秋