親子paulaphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

16日、千葉県野田市の小学4年生が父親から虐待を受け死亡した事件で、傷害幇助の罪に問われた母親の初公判が開かれ「真冬に冷水を浴びせる」「食事を与えない」など、その凄惨な仕打ちが明らかに。

なかでも人々を驚かせたのが、父親が「娘の存在が自体が嫌だ」と話し、寝室に閉じ込めていたこと。子を持つ親とは思えぬ発言に、怒りの声が上がった。

 

■自分の親が毒親だと思ったことがある?

虐待までいかなくとも、子供を愛していないと思われるような行動をとる親を「毒親」と呼ぶ。そして、そんな両親が増えているともいわれる。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,664名を対象にした調査では、22.3%が「自分の親は毒親だと思ったことがある」と回答。

子を思って厳しく育てるケースもあるが、2割以上が「自分の両親は毒親かもしれない」と思った経験があることは、少々異常にも思える。

 

■毒親だと思った瞬間4選

どのようなときに「毒親」と感じたのか。複数の人に聞いてみた。

(1)異常な暴力

「父親から顔を殴る、身体を蹴るなど、異常な暴力を日常的に受けていました。子供の頃はそれが普通だと思っていましたが、友達に話したらビックリされて…初めて異常だということに気がついて。

 

両親は離婚し、その後父親とは会っていません。自分にも子供ができましたが、未だにあの対応は許せない」(30代・女性)

 

(2)「必要なかった」といわれた

「虐待等はなかったのですが、あるとき母から『アンタは別に要らなかった』と言われ、ショックだった。できちゃった婚ってことを伝えたかったのでしょうけど、そこから親のことが嫌いになった」(20代・男性)

■ネガティブワードの連発も…

(3)常にネガティブな言葉をかけられた

「自分は学校の成績が上がらなかったため、両親からつねに『バカ』『出来損ない』と言われていた。そしてストレスで太り始めると、『デブ』『みっともない』などとも言われ…。負い目を感じていたので言い返すことができず。

 

高校を卒業してすぐに家を出て、今は離れて暮らしているため、ありがたみもわかってはいるのですが、未だに会話をするのが怖い」(40代・男性)

 

(4)将来を勝手に決められた

「『あなたは医者になるの』と将来を決められ、遊びや部活動をやらせてもらえず、寂しい時代を送った。結局医者になることができたので、世間的に毒親といえるかどうかは微妙ですが、自由が欲しかった」(50代・男性)

 

親は子を思って行動するものだが、その形を間違えると「毒親」と取られてしまうこともあるようだ。

・合わせて読みたい→親権はどうする? 離婚時に親が子供にしたヒドすぎる行動3選

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名 (有効回答数)

相次ぐ虐待で増加傾向の毒親 「自分の親も該当する」か聞くと驚きの結果に