FC東京戦で復帰したイニエスタが華麗なコントロールショットで今季初ゴール

 ヴィッセル神戸は15日、J1リーグ第15節でFC東京と対戦し、1-0で勝利を収めた。この日が復帰戦となった元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは後半4分に鮮烈なミドル弾を叩き込み、決勝弾をマーク。試合後、今季初得点を振り返り、「素晴らしいゴールだった」と自画自賛している。

 先発に名を連ねたイニエスタは負傷により、リーグ戦出場は第11節鹿島アントラーズ戦(0-1)以来4試合ぶり、スタメンだと第9節の川崎フロンターレ戦(1-2)以来6試合ぶりとなったが、前半5分に2人に囲まれながらも華麗なステップで抜き去り、同9分にはアウトサイドでのスルーパスから元スペイン代表FWダビド・ビジャの決定機を生み出すなど、復帰戦とは思えないキレのある動きを見せていた。

 そして、0-0で迎えた後半4分、右サイドのDF西大伍のクロスがファーサイドに流れると、ペナルティーエリア内で構えていたイニエスタボールを受け、フリーの状態で右足を振り抜く。鋭い弾道のコントロールシュートゴール左隅に突き刺さり、結果的にこの一撃が決勝点となった。

 試合後、イニエスタゴールの場面について尋ねられると、「素晴らしいゴールだった」と開口一番にコメントし、「勝ち点につながったという意味で、素晴らしいゴールだと思っている。チームが勝利を必要としている状況だったし、リーグ首位に対して勝つという重要性も分かっていたので喜んでいる」と言及した。

 また、バルセロナスペイン代表で長きにわたり共闘した元スペイン代表FWダビド・ビジャも、復帰したイニエスタについて「彼はこのチームベストプレーヤーであるし、彼がチームに加わることでもたらされる安心感やクオリティーは本当に大きい」と絶賛していた。今季は2度にわたる監督交代を行っている神戸だが、イニエスタの復帰をきっかけに、ようやく明るい光が灯り始めている。(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

(左から)ヴィッセル神戸MFイニエスタ、FWビジャ【写真:Getty Images】