山田涼介主演の7月26日(金)スタートドラマ「セミオトコ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)のキャストに、木南晴夏、檀ふみ、阿川佐和子北村有起哉山崎静代、やついいちろうらが決定。木南は山田演じるセミと7日間だけの恋に落ちるアラサー女子・大川由香を演じる。

【写真を見る】山田涼介が人間と恋に落ちる“セミの王子様”に

本作は、美しきセミの王子様とさえないアラサー女子の7日間だけの奇跡のラブストーリー。都心から少し離れた郊外にあるアパート・うつせみ荘を舞台に、個性豊かな住人たちの物語が展開する。

人とのコミュニケーションが苦手で、学校でも職場でも孤独な日々を送ってきた由香の目の前に「あなたの望みをかなえるので、7日間だけ一緒にいてもいいですか?」と言って、セミが現れる。

そんな優しくも温かい言葉をかけられた由香は、訳も分からぬままセミと7日間だけ一緒に暮らすことになり、不思議な恋心を抱いていく。

木南は「セミとのラブストーリーとお聞きし、それだけでもう面白そうだなと思いました。一体どんな展開になるのかとドキドキしながら楽しみにしております」と期待を寄せ、「セミオトコとの関係だけではなく、いろいろ抱えている登場人物の皆さんとの関係やその後起こるであろう変化を、岡田惠和さんの織り成す物語の中で、全身で感じながら演じたいと思います」と抱負を語った。

対する山田は「木南さんはパンがとても好きだと伺っているのですが…実は僕も大好きなんですよ! 僕より圧倒的にお詳しいと思いますが、ドラマの撮影期間中にはぜひパンについていろいろ語りたいなと思っているんです」と明かした。

■ 檀ふみと阿川佐和子は姉妹に

うつせみ荘の大家・庄野くぎこ&ねじこ姉妹を演じるのは、檀ふみと阿川佐和子

檀が演じる姉のくぎこはせっかちな性格で、いつも妹のねじこに文句ばかり言っている。阿川演じるねじこは対照的におっとりした性格で、いつもくぎこには「とろい」「のろい」と文句ばかり言われている。

私生活でも親交が深いという檀と阿川。今作への出演に檀は「何より、岡田惠和さんの脚本の面白さに、ワクワク致しました。何という不思議な世界でしょう! とにかく会話が面白いので、共演の皆さん(阿川さん含む)との掛け合いが楽しみでなりません(本番中に吹き出さずにいられるでしょうか?)。役柄が、私自身(超ノロマ)と正反対(せっかち)であるのも、気に入っているところ。久しぶりに作り込めるお役をいただいて、どういうふうに演じようか、あれこれ思案の真っ最中です」と語った。

一方、「依頼を打診された段階で、まず笑っちゃいました。よくそういうアホなことを思いつく人がいるものだと。そして次の瞬間、こうなったらご期待に応えなければなるまいと思いました」と阿川。

「まさか名女優・檀ふみさんと、演技の現場でご一緒することになるとは思いもよらず、ご迷惑をかけないよう気をつけたい。同時に、二人でしゃべり始めると本当に止まらなくなる恐れがあるので、監督、どうか止めてください」と期待を寄せた。

北村有起哉は謎多き男

ほかにも、うつせみ荘にはさまざまな住人が続々。職業も年齢も不詳で、自称“余命わずか”な男・小川邦夫役には北村有起哉。うつせみ荘きっての謎多き男・小川をミステリアスに演じる。

絵本作家の岩本春を演じるのは山崎静代。うつせみ荘の住人みんなから愛される心優しい女性を演じる。

春の夫・岩本マサ役には、やついいちろう。春とマサは、夫婦でお笑いコンビを組んでいたという設定だが、劇中でどんなやりとりを見せてくれるのか。(ザテレビジョン

山田涼介主演の新ドラマ「セミオトコ」のアパートの住人役に木南晴夏、檀ふみ、阿川佐和子、北村有起哉、山崎静代、やついいちろうが決定