チェルシーUEFAチャンピオンズリーグ出場権とUEFAヨーロッパリーグ優勝をもたらしたマウリツィオ・サッリ監督。

だが、ユヴェントス行きが噂されており、そうなった場合に愛弟子であるMFジョルジーニョはどうなるのか…。

そうした中、彼は若き日の苦労話を明かした。ブラジル生まれジョルジーニョは15歳イタリアに移住。チェルシーの公式HPで当時について吐露している。

ジョルジーニョ(チェルシーMF)

「当時の(エラス・)ヴェローナはセリエAにいなかったのでユースチームがなかった。

だから、自分はベレッティという地元のユースチームプレーしていた。

彼らはセリエC1/C2にいて、僕はそこに2年いた。

その時、GKだったラファエルというブラジルの同胞に出会ったんだ。

彼と仲良くなってね。何をやっているのかや、どれくらいそこにいるのかを聞かれた。

僕は1週間の生活費は20ユーロ2439円)だと伝えた。

彼は『ちょっと待って、それは明らかにおかしいな』と言ったんだ。

彼はいくつかの問い合わせをして、僕の代理人が金を搾取していることが判明した。

自分はそういったことは全く知らなかった」

「その時点でもう(サッカーを)止めたかった。完全に打ちのめされたし、嫌になった。

母に泣きながら電話して、家に帰りたい、もうサッカーはやりたくないと伝えたよ。

そうしたら、『そんなことは考えないで!あなたはもうちょっとだし、数年間もそこにいた。家には戻らせない!そこにいて頑張らなきゃいけない』と言われてね。

だから、自分は残った。トップチームと練習を続けたんだ」

【関連記事】「サッカー界を牛耳る!最強の代理人・エージェント、TOP20」

10代の頃にエージェントに搾取され、サッカーを止めるところだったそうだ。

ジョルジーニョ激白 「代理人に食い物にされてサッカーを止める寸前だった」