初戦の相手チリとの戦力差を認め、「僕らが120%出さないと勝てない相手」

 日本代表FW岡崎慎司レスター・シティ)は、若手主体で臨むコパ・アメリカ南米選手権)に向けて「覚悟が初戦からないとすぐに終わってしまう」「僕らが120%出さないと勝てない」と危機感を口にしている。

 6月の国際親善試合(5日トリニダード・トバゴ戦0-0、9日エルサルバドル戦2-0)から一転、コパ・アメリカでは東京五輪世代を中心とする若手を大量招集。代表初選出は23人中13人に上り、代表出場歴ゼロは16人となり、平均年齢は22.3歳と約4歳若返っている。

 17日のグループリーグ初戦で前回王者のチリと激突するなか、キックオフから全員にフルスロットルを要求しているのが岡崎だ。「僕らが120%出さないと勝てない相手というのは分かっている」と彼我の戦力差を認めつつ、「初戦から覚悟がないと、大会はすぐに終わってしまう」と強調した。

「パッと集まっての試合になるので、その分、自分たちがどういうサッカーをしていくかの整理をきちんとした状態で入らないといけない。話し合いながら、チームとして120%を出せるようにしたい」

 代表歴が浅い選手が大半を占めるなか、13日から始まった現地トレーニングのなかで推し進めるチーム作りは困難を極める。残された時間的に細部を詰める作業は難しいからこそ、岡崎は最低限のラインとして“チームの方向性”の共有理解を求めた。そのうえでメンタル面の重要性を説く。

岡崎の今大会に懸ける思いが集約した一言 「後悔だけが残るような大会には……」

「こっちが噛みつくぐらいの気持ちがないと徹底的にやられてしまう。だからこそ、俺らから攻撃していくぐらいの気持ちで臨みたい」

 チャレンジャー精神を前面に押し出し、相手に畏怖の念を抱かせるほどの勢いと気迫を見せられるか。岡崎はそこに勝機を見出している。そして自らに言い聞かせるように言葉を紡いだ。

「後悔だけが残るような大会にはしてほしくないし、したくない」

 岡崎の今大会に懸ける思いは、この一点に集約していると言っても過言ではないだろう。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

日本代表FW岡崎【写真:AP】