メイン画像

北陸は16(日)夜にかけて、東北や北海道は17日(月)明け方にかけて、断続的に雨が降る。降り始めからの雨量が多くなる恐れ。関東は、16日は日差しが届き、最高気温は7月から8月並みに。

北陸~北海道 強風・激しい雨

16日(日)、日本海に前線を伴った低気圧があり、北東へ進んでいます。低気圧は北日本を通過し、夕方には三陸沖へ進むでしょう。17日(月)朝には千島近海に達する見込みです。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、大気の状態が非常に不安定になっている所があります。
北陸は、16日夜遅くにかけて、断続的に雨が降る見込みです。雷を伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所があるでしょう。17日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で新潟県富山県150ミリ、石川県90ミリ、福井県60ミリです。また、沿岸の地域を中心に非常に強い風が吹くでしょう。16日に予想される最大瞬間風速は、新潟県35メートル石川県30メートル富山県福井県25メートル。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいの風です。大雨による土砂災害、暴風に警戒して下さい。
東北は、日本海側を中心に、17日にかけて西風が強く吹くでしょう。予想される最大瞬間風速は、日本海側、太平洋側ともに30メートル。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。雨は強弱を繰り返し、降り続くでしょう。日本海側を中心に夜のはじめ頃にかけて、局地的に雷が鳴り、1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みです。17日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、日本海100ミリ、太平洋側60ミリです。がけ崩れ、山崩れ、低い土地の浸水、河川の増水の恐れがあります。また、竜巻などの激しい突風が吹いたり、ひょうが降ったりすることがあるでしょう。ご注意下さい。
北海道は、日本海側北部では、夕方から夜遅くにかけて、北または北東の風が非常に強く吹くでしょう。暴風に警戒して下さい。その他の地域も、17日にかけて、東または北の風が強く吹く見込みです。17日にかけて予想される最大瞬間風速は、日本海側北部35メートル、その他の地域30メートル。車の運転が困難になることがあります。また、太平洋側を中心に16日夜にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降るでしょう。降り始めからの雨量が多くなる見込みです。予想される1時間雨量の最大値は、太平洋側東部40ミリ、その他の地域30ミリです。側溝があふれたり、マンホールから水が噴出することがあるでしょう。17日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、太平洋側東部100ミリ、その他の地域90ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。

関東 気温きのうより10度くらい高くなる

16日、関東は、平野部を中心に青空が広がる見込みです。北部の山沿いでは雲が多いでしょう。茨城や栃木では、午後は大気の状態が不安定になり、局地的に雨や雷雨がある見込みです。沿岸の地域を中心に南西の風がやや強く吹くでしょう。
気温は、強い日差しとともにグンと上がります。午前中に25度を超える所が多く、最高気温は内陸で30度前後の予想です。多くの所で、きのう(15日)より10度くらい高くなる見込みです。東京都心は10日ぶりに、30度以上の真夏日になるでしょう。急な暑さで体調を崩したりしないよう、お気をつけ下さい。

九州~東海 汗ばむ陽気が続く

16日、九州から東海は、日差しが届く所が多いでしょう。ただ、中国地方や近畿では、雲が多く、所々で雨や雷雨がある見込みです。昼頃にかけて、沿岸の地域を中心に西風がやや強く吹く見込みです。最高気温は、24度から27度くらいの所が多い予想です。内陸を中心に、きのうより5度くらい高くなるでしょう。高知では30度の予想で、およそ3週間ぶりの真夏日になる見込みです。

北陸~北海道は大雨に警戒 関東は急な暑さに注意