欧州サッカーシーンでは来季2019-2020シーズンに向けた話題も増えてきた。

今季セリエA16位に終わったフィオレンティーナはロッコ・コミッソ氏が新たなオーナーに就任。新体制のもとでさっそく動きを見せているようだ。

コミッソ氏はヴィオラの英雄であるガブリエル・バティストゥータ氏とすでに接触したという。

アルゼンチン代表ストライカーバティストゥータは英2部ミドルズブラの監督就任説があった。だが、ジョナサン・ウッドゲイトがボロの新指揮官に昇格しており、その可能性は消滅している。

Sky』のインタビューでバティ本人がコミッソ氏からの電話があったことを認めたそう。ただ、現在はアルゼンチン在住ということで、まずは様子を見守るつもりのようだ。

【関連記事】今欧州で最も「エゴイスト」なストライカーはこの5人!

なお、フィオレンティーナの監督であるヴィンチェンツォ・モンテッラとバティはローマ時代の同僚。現役時代は背番号9番を巡って一悶着あったとも言われる。2人は再びタッグを組むのか、それともモンテッラの後をバティが引き継ぐのか…。

バティストゥータ、ついにフィオレンティーナ復帰?