ルーカスバスケス  写真提供:GettyImages

 レアル・マドリードスペイン代表MFルーカスバスケスが強盗被害に遭ったようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙によると、バスケスは家族たちと出かけている最中に強盗意外にあったよう。詳しい被害額は公表されていないようだが、多数の高価な物や思い出の品を盗まれたようだ。

 先日にはイスコジネディーヌ・ジダン監督も強盗被害に遭っており、マドリードの中では3人目の被害者となった。