●「FALKEN」ブランドがニュル24時間に参戦・協賛

住友ゴムグループは、2019年6月20日〜23日にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレースニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称:2019 ADAC TOTAL 24h-Rennen)」に2台体制で参戦すると発表しました。総合優勝を目指すとともに、オフィシャルスポンサーとしてFALKENブランドで同レースに協賛します。

詳細画像はこちら

住友ゴムグループは、1999年以降、世界一過酷なレースとも言われる「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に連続参戦。今年も2018年に引き続いて「FALKEN Motorsports」として、昨年総合9位で完走した「Porsche 911 GT3R」と、総合15位で完走した「BMW M6 GT3」の2台体制で総合優勝を目指すと意気込んでいます。

また、オフィシャルスポンサーとして同レースに協賛することで、FALKENブランドの訴求を図るとともに、モータースポーツの発展に貢献したいとしています。

詳細画像はこちら

さらに、住友ゴム工業は、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する「SUBARU WRX STI」に「ファルケンタイヤを供給すると発表しました。

詳細画像はこちら

SUBARU WRX STI」は、2015年,16年,18年にクラス優勝を果たしており、今年はさらに加速性能を向上させ、シフト時のエンジン回転変化とシフトショックを抑えるなどの改良が施されたマシンFALKENタイヤを装着し、SP3Tクラスで6度目の優勝を目指しています。

「SP3T」クラスに参戦するドライバーCarlo van Dam、Tim Schrick、山内英輝、井口卓人の4人です。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ(http://clicccar.com/2019/06/16/851391/)