工藤監督は大事を取っての抹消を強調、代理守護神は立てず「みんなでカバー

 16日、ソフトバンク森唯斗が右肩の違和感で登録を抹消された。試合前の練習で工藤公康監督は「最短(復帰)もしっかり考えた上での抹消です」と大事を取っての抹消であることを強調した。

 森はルーキーイヤーから5年連続で50試合以上に登板。昨年はサファテに代わって抑えを務め、37セーブセーブ王タイトルを獲得した。今季もここまで19セーブを記録していたが、15日の本拠地DeNA戦は3点差でマウンドに上がってロペス本塁打を含む4安打を許して2点を失い、1点差で何とか逃げ切っていた。

 工藤監督は「上腕部の張りというか違和感。最短(復帰)ということもしっかり考えたうえでの抹消です。ヤクルトとの3つが(天候的に)うまくいけば、後は予定通りで(交流戦後に日程が)少し空くので、そこもにらんで抹消しました」とした。サファテは今年2月に約10か月ぶりにチームに合流したが、コンディションが上がらずに開幕1軍はならず。実戦登板に至らず、今月上旬にリハビリ部位の経過観察のため一時帰国している。

 守護神の登録抹消は緊急事態となるが、不在の間について指揮官は「誰ということではなく、みんなでカバーしていこうと話をしています。相性とか打順によって変わってくると思います」とした。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】