スーパーカブの発売で国内はもちろん、アメリカでも確固たる地位を確立したホンダは、次なる飛躍の地として1962年昭和37年)、ヨーロッパベルギーに「ベルギーホンダ」を設立。ホンダ初の海外生産モデルとなる「モペッドC310」をリリースした。ヨーロッパホンダが躍進するきっかけを作った、スーパーカブ50をベースにした貴重なペダル付きカブをご紹介しよう。 取材協力■ホンダコレクションホール PHOTO●4ミニ.net https://4-mini.net/ REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

h2300万台といわれたヨーロッパモペッド市場に殴り込み!日本にたった1台!?これが貴重なスーパーカブのペダル付きモペッド
スーパーカブ50(C100)の4サイクル単気筒OHV49ccエンジンに、「モペッド」には欠かせない、自転車にもなる足漕ぎペダルを装着。
スーパーカブ50(C100)をベースに、バーハンドルを装着。

 モペッド自転車にもなるペダル付きのミニバイク)の本場に工場を構えたホンダが、ヨーロッパ市場に向けてリリースした第一号のモデルが、写真のモペッドC310。

 このモペッドC310は、日本の自動車産業界において、初めてヨーロッパで生産(現地生産)したモデルであり、しかもホンダ初の海外生産モデルとなる、記念すべき1台でもある。

 ヨーロッパでの現地生産をスタートさせたベルギーホンダは、日本の自動車産業界初ということもあり、国内外から注目を浴びた。

 レッグシールド上に配置されたガソリンタンク、シート下には収納スペースを設置、軽快なイメージのバーハンドル、高級感溢れるツートンカラーのWシートなど、機能面&デザインともヨーロッパ向きにデザイン&設計されているのがポイントだ。

 モペッドC310は、「ベルギーホンダ」の設立が決まり、工場を立ち上げるまでの限られた期間で、ヨーロッパ諸国の定めるモペッド規制に合うよう、スーパーカブ50(C100)にペダルを装着するなど、改良が加えたモデル。つまり、現地の市場のニーズを十分に反映し、新たに設計・開発された製品ではなかった。

 エンジンスーパーカブ50(C100)用の4サイクル単気筒OHV49ccエンジンベースに、最大速度40km/hを超えないようにパワーダウン

 当時のヨーロッパにおけるモペッド市場は、300万台ともいわれた。4サイクルエンジンを搭載したモペッドC310は、コンパクトで軽量な2サイクルエンジンを搭載したヨーロッパモペッドよりも、大柄でヘビーだった。

 その結果、モペッドC310はモペッドではなく、モーターサイクルカテゴリーに近い乗り物として捉えられた。ホンダモペッドC310の販促に、多大な労力と時間を費やしたが、残念ながら、大きな売り上げに結び付けることはできなかった。

 ホンダモペッドC310の販売戦略を反省し、その後、4輪車部品の生産や、汎用製品の営業活動などを実施して成功。「ベルギーホンダモペッドC310」は、ホンダヨーロッパでの経験の蓄積、また大きな飛躍のきっかけとなったモデルともいえよう。

▲レッグシールド上にガソリンタンクをレイアウト
▲リヤタイヤとリヤショックの間には、タンデム者の衣服の巻き込みを防止するガードを装備。
▲2人乗りも可能な、タンデムベルト付きのダブルシートを採用。
シートツートンカラーで豪華な雰囲気を演出。

モペッドC310の主要SPEC
エンジン:空冷4スト単気筒OHV49cc/最高出力:1.8ps/4500rpm/最大トルク:0.31kgm/4000rpm/ミッション:自動遠心クラッチ3段+マニュアル/重量:71kg