130年以上の歴史を誇る、帆布の老舗タケヤリが日本最大級のクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)にて展開している、メッセンジャーバッグの限定販売がまもなく終了となります。今ならMakuakeサイトにて、数量限定で10%オフでのご購入が可能。これからの憂いなきレジャーシーズンにむけて備えましょう!
自転車に乗る人たちが、自転車に乗る人たちのために試行錯誤してきた結果生まれた、撥水タイガー帆布メッセンジャーバッグ。今年の春に、日本最大級のクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で限定販売を開始した本プロジェクトは、開始2週間で目標を200%も上回る支援獲得を達成。間もなく終了となります。

https://www.makuake.com/project/takeyari-tex02/

▼これが世界に通用する【撥水タイガー帆布】人気の秘密
タケヤリのオリジナル撥水生地【撥水タイガー帆布】で作られたバッグは、自衛隊のテントに施されている技術を応用し作られており、雨にも強いのが特長。また、加工によってできるシワ感やチョークマークと呼ばれる白い跡が立体感を生み出します。(チョークマークアイロンを当てることで軽減することが可能ですが、必ず当て布を使用してください。)使い込むほどにデニムのようなアタリが出現し、持ち主によってそれぞれ違った表情を楽しむことができます。

▼見た目以上の【大容量】
コンパクトながら約13cmの「奥行」があるので、容量16Lと身の回りのモノがザクザク入ります 。
仕様:横480mm 高さ260mm 奥行き130mm ショルダーストラップ長さ1200mm
A4サイズノートモチロンのこと、 タブレットや13インチパソコンも収納可能。
体にしっかり固定されるので入れた書類が折れる心配もありません。
持っているとなにかと便利な羽織モノもこの通りスッポリ入ります。

TPOを選ばない【デザイン性】
見た目にもスッキリと美しく、オフィスからフェスまで、どこに連れて行っても映える逸品。

ユーザーのタラレバをカタチにすることで実現した【実用性】。
もとは自転車を愛するタケヤリとその工場スタッフたちが一丸となって自転車ユーザーのために開発したものですが、デザイン性の高さと容量の大きさから、Makuakeに登場以来、会社員の方々にもビジネスシーンで利用したいとの声を多くいただいています。


▼多くのものが入るだけではありません、ちゃんと整理できてこその【収納力】。
小さなペンや名刺入れ、鍵などもしっかりバッグのなかでホールド。ダッシュしてもあなたの持ち物を守り抜きます。


今回Makuakeでのご購入で【送料無料】。さらに ¥23,760(税込)が10%オフで手に入ります(数量限定)。
間もなく終了する限定アイテムの販売プロジェクト、お見逃しなく!

クラウドファンディングサイトMakuakeでのプロジェクト詳細】
https://www.makuake.com/project/takeyari-tex02/

【現在公式オンラインで販売中の人気のタイガー帆布シリーズ
撥水タイガー帆布 ボックスパック
https://takeyari-tex.com/collections/men/products/wub-002
撥水タイガー帆布 デイパック
https://takeyari-tex.com/products/wub-003



【明治21年創業帆布の老舗タケヤリ】
明治21年(1888年)創業。岡山県倉敷市のタケヤリは、倉敷の帆布の半分以上を作る日本で最も古い帆布工場。
日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきました。
綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。
それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる。
「帆布といえばタケヤリ」と呼ばれ続ける理由がここにあるのかもしれません。
なかでもタケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機はタケヤリにしか織ることができない、超高密度の極厚帆布を実現、高度な職人技術と受け継がれる織機が最高品質を保証しています。
タケヤリが織る最高品質を保証する櫻星をまとった超高密度帆布、帆布製品は、今もなお、国内だけでなく世界中で愛され続けています。

--------------------------------------
会社HP:http://takeyari-tex.co.jp
公式オンラインストア:https://takeyari-tex.com
Facebookhttps://www.facebook.com/takeyaricanvas
instagramhttps://www.instagram.com/takeyaricanvas
イベント情報 instagramhttps://www.instagram.com/takeyaricanvas_staff

配信元企業:株式会社タケヤリ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ