コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)のナポリ行きが近づいているという。イタリアRadio CRC』が報じた。

2年間のレンタルバイエルンに加入したハメスは、買取オプションの不行使が決定。レアル・マドリー復帰が既定路線だが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっており、今夏のさらなる移籍が有力だ。

その移籍先筆頭して挙がっているのがナポリだ。レアル・マドリーバイエルンで指導したカルロ・アンチロッティ監督がラブコールを送っているとされており、“再々タッグ”に注目が集まっているところだ。

ナポリレアル・マドリーは現在、交渉が進行中で、1年間のレンタルで合意。ナポリレンタル1000ユーロ(約12億1000万円)を支払う模様だ

だが、買取オプション額を巡り、まだ両者に隔たりが…。3000万ユーロ(約36億4000万円)を望むナポリだが、レアル・マドリー4000万ユーロ(約48億6000万円)を求めているという。

サムネイル画像