マッツ・フンメルス 写真提供:GettyImages

 バイエルン・ミュンヘンドイツ代表DFマッツ・フンメルスが古巣ボルシア・ドルトムントに復帰する可能性があるようだ。16日、英メディアスカイスポーツ』が同メディアドイツ版を引用し伝えている。

 バイエルン下部組織出身ながら、2008年ドルトムントに移籍したフンメルス。頭角を現し、ドイツ代表でも中心選手に上り詰めると2016年バイエルン復帰を果たした。しかし、ここにきてCBに負傷が増出しているドルトムント復帰の可能性が浮上している。

 報道によれば、すでにドルトムントバイエルンと接触しておりフンメルスドルトムント復帰による減俸を受け入れているという。3000万ユーロ(約36億5000万円)ほどの移籍金が発生すると予想されている。

 バイエルンドルトムントライバルクラブバイエルンを離れる際にも、ドルトムントを離れる際にもサポーターからの反応は大きかった。移籍が実現した場合、フンメルスは古巣のサポーターにどのように迎え入れられるだろうか。