招待国として参戦のコパ・アメリカは「競争力の激しい有名な大会」

 森保一監督率いる日本代表は現地時間17日のコパ・アメリカ南米選手権)初戦でFIFAランキング16位のチリ代表と対戦する(エスタディオ・ド・モルンビー/現地20時・日本時間18日8時)。指揮官とともに前日会見に出席したMF柴崎岳(ヘタフェ)はコパ・アメリカを「ロシアワールドカップ(W杯)と同等の大会」と評し、「どれだけできるか、一つの挑戦になる」と力を込めた。

 今大会では東京五輪世代の若手を中心にメンバーを編成。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)やMF柴崎岳(ヘタフェ)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)ら森保ジャパンの常連に加え、昨夏のロシアワールドカップ(W杯)に出場したFW岡崎慎司レスター)やGK川島永嗣(ストラスブール)らベテランを加えた陣容で臨む。

 コパ・アメリカを「世界的に見ても競争力の激しい有名な大会」と見ている柴崎は続けて、「ロシアW杯と同等の大会だと思っている」とレベルの高さを表現。昨夏、日本はベルギーに2-3と敗れてベスト16で敗退したが、その戦いぶりは世界から称賛を浴びた。若手主体のチームで臨むなか、柴崎は「僕らがどれだけできるか、一つの挑戦になる」と口にしている。

 初戦ではMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)、FWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)などを擁するチリと激突する。「ベストを尽くして彼らに臨みたい」と抱負を語る。

 20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦と続くなか、日本代表ロシアW杯を彷彿とさせる激闘を繰り広げそうだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

日本代表MF柴崎岳【写真:Football ZONE web】