[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2019年6月4日放送の「バンたま太鼓判」のコーナーでは、東北に初上陸した新感覚のスイーツを紹介していました。

まず紹介されたのは、仙台駅前にあるイービーンズ2階にオープンしたドーナツ店「ヘンボッハン テッペ」です。こちらは韓国発祥のドーナツ屋さんで、東北だけでなく日本初上陸となるお店です。


行列必至の「映えスイーツ

韓国では1日に1000個売れる人気店で、いつも行列が絶えません。

目玉のスイーツは「幸せのもち米ねじりドーナツ」。小麦粉を使わず作っていて、もちもちフワフワした食感がクセになる一品です。さらに、可愛らしいピンク色の砂糖がまぶしてあるので、これはSNS映え間違いなしです。

また、青葉区一番町には「マンハッタンロールアイスクリーム」というお店がオープンしました。

ロールアイスとは、マイナス20度以下のコールプレートの上にフルーツソース、液状のアイスベースなどをのせて混ぜながら固めていき、アイスが固まったら薄く伸ばしヘラでくるくると丸めて作られるという、新感覚のアイスクリームです。

ロールアイスはタイの屋台が発祥で、ニューヨークで大流行しました。作っていく過程も楽しめるそんなアイスクリームです。さらに宮城限定で「ずんだ」を使用したロールアイスが販売されています。

どちらの店舗も味はもちろん、見た目でも楽しめるというのはとても魅力的ですね。是非行ってみたいと思いました。

ライターrin.)

ヘンボッハン テッペ公式インスタグラムより