ジャイアンツエースとして、在籍19年で6度のリーグ制覇・3度の日本一に大きく貢献した「平成の大エース」斉藤雅樹さん。2019年シーズンは解説者として、さまざまなチームを見ている斉藤さんに、V4を狙う広島の現在を伺いました。

連勝の反動を避けられるか!?


2019年シーズンの広島。丸が抜けたにも関わらず、順位予想で1位とされていましたが、どう見ていますか?

斉藤:丸が抜けても絶対大丈夫だと思って、1位予想にしましたが、いざシーズンが始まったら、ガタガタで…こんなにも影響するものか、と正直思いましたね。広島・緒方監督もあんなにもガタガタするとは思っていなかったんじゃないかな。いろいろ打順を試した結果、1番から野間、菊池、バティスタ、鈴木、西川がはまった。西川と野間は頑張っているし、西川は、対戦相手として凄く嫌なバッターでしたね。

―5月には11連勝もあり、だんだんと調子が上がっていますが、この状況をどう見ますか?

斉藤:打順がはまり、野間、菊池もやっと機能し始めた。でも、少しうまく行き過ぎているような気もしますね。十何連勝…連勝の反動はきますからね。交流戦が終わった時に、どういう位置につけているか。交流戦の結果次第では、V4の可能性はあると思いますし、大本命ですね。

・合わせて読みたい→
元巨人・斉藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/)

次々と出てくる謎の選手がチームに追い風を

―広島の投手陣はいかがでしょうか?

斉藤:大瀬良は良いですね。活躍するのが隔年のイメージがありましたが、2018年シーズンが良くて、今も頑張っていますね。先発は、床田も良い。広島は、『誰だ??』っていう選手が急に出てきて活躍するんだよね。例えば、5月31日ヤクルトとの一戦。高卒2年目の山口が七回2アウトまで、ノーヒットノーランと好投しましたが、名前を聞いて『えっ誰?』って(笑)。打線の助けもあって、ラクな気分で投げることができるっていうのもありますが、結果を出すのは凄いですよね。あとは、メインキャッチャーの會澤も安定しているし、打つのも良いですね。

次に話題をさらうのは誰か?広島の若手選手の活躍が、後半戦の成績を左右しそうだ…

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「平成の大エース」斉藤雅樹さんが語る広島カープ、序盤不調も現在好調の鍵を握る謎な人物とは?