映画『メン・イン・ブラックインターナショナル』の初日舞台挨拶が6月14日TOHOシネマズ 日比谷で行われ、この映画で吹替声優に初挑戦した女優の今田美桜が登壇した。

今田美桜、吹替初挑戦で大役任され「頭が真っ白になるくらい緊張しました」

本作で今田が演じているのは、MIBに憧れ、自らの力でMIBエージェントのスカウトを勝ち取った有能な女性エージェントのM役(テッサトンプソン)。この日は作品にちなみ、黒の衣装を身にまとって登場。

初挑戦となった声優について「最初は何もわからなくて、戸惑ったり不安もあったり、緊張しすぎて頭が真っ白になったりしました。普段は顔や体を使って演じているので、今回はそれをすべて声に乗せなくてはいけないということで、かなり難しかったです」とコメント。また、クリス・ヘムズワースとテッサトンプソンコンビを組むMIBエージェントの劇中でのやりとりについては「女優としてというよりも、完全に観客として見させていただいたんですけど、2人のお茶目な会話がテンポも良く面白いので、本当に楽しんで見ちゃいました」と振り返った。

今田はシリーズ第1作目の『メン・イン・ブラック』が公開された1997年生まれ。「生まれた年と一緒なので、勝手にご縁を感じて、今回、第4作目の日本語吹替を担当させていただけたことが本当に嬉しかったです」と語る。

また、本作には、世界それぞれの国でその国の有名人がカメオ出演をしており、日本語吹替版では今田がカメオ出演という任務を担当。「各国でインフルエンサーさんや有名人の方が出演されていて、日本では私が担当させていただいて。もう、こんなことないなと思いながら撮影させていただきました」とニッコリ。どういう役どころで、どういうシーンなのかについては「これからのお楽しみです」と話していた。

今田美桜