渡慶次(左)が12大会連続出場

 7月25日(木)東京・後楽園ホールにて開催される『LETHWEI IN JAPAN 13 ~初志貫徹~』の第一弾対戦カードの発表が行われた。

 渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)の12大会連続出場が決定。ミャンマーのソー・サー・バー(ミャンマー)を迎え撃つ。前回前々回と2戦連続で拳を骨折しながら勝利を収めた渡慶次は、目標であるミャンマー学校の設立に向け前進を止めない。

前回大会で涙を飲んだ東が再起戦に挑む

 前回メインイベントで攻勢に出ながらも惜しくもTKO負けを喫した東修平(AACC)が早くも再起戦に挑む。ソー・ダー・ウェイミャンマー)との対戦が決定した。前戦では無敗の強豪相手に互角以上の戦いを見せた東の再起なるか。

 今回初参戦同士の対決が実現。一治(日本・道場373) VS ピラオ・サンタナブラジルチームサンタナ)。一治はPRO-KARATEDO日本フェザー級達人王者。NJKFへの参戦経験もあり、空手とキックバックボーンとする。対するサンタナオランダの名門メジロジムで腕を磨くキックボクサー。2017年にはREBELS-MUAYTHAIライト級王座に挑戦し、強振するフックで会場を沸かせた。

 今回も全5試合を予定しており、残り2試合のカードは近日発表を予定している。

<決定対戦カード
▼74kg契約 
渡慶次幸平(日本・クロスポイント吉祥寺
vs
ソー・サー・バー(ミャンマー

▼64.5kg契約 
東修平(日本・AACC)
vs
ソー・ダー・ウェイミャンマー

▼60kg契約 
一治(日本・道場373
vs
ピラオ・サンタナブラジルチームサンタナ

渡慶次(左)が12大会連続出場