メルセデスの小型車「Aクラス」にディーゼル
「ハイ! メルセデス」と呼びかけることで、クルマとの対話から空調の調節、ナビゲーションの目的地設定などが可能なメルセデス・ベンツの新型「Aクラス」に、ディーゼルターボエンジン車「A 200 d」が追加となった。このところ高値傾向が続くガソリン価格を考えると、軽油で走れるAクラスの登場には、魅力を感じた方もいるのではないだろうか。Aクラスディーゼルエンジンの相性を試乗して確かめてきた。

○さらに向上したクルマとしての成熟度

「A 200 d」が新たに搭載したディーゼルエンジンは、先に「Cクラス」が採用したものと基本的には同じだが、Cクラス後輪駆動であるのに対しAクラス前輪駆動なので、エンジンの搭載方法が異なる。進行方向に対してAクラスではエンジンが横置きとなるので、それにより、補器の取り付け方に若干の違いがあるのだ。

また、Cクラスより後の発売となったことにより、2020年に欧州で実施される排ガス規制を先取りした後処理技術を採用しているので、排ガス浄化性能はCクラスディーゼルエンジンよりも進化している。

新型Aクラスガソリンエンジン車には、今年の1月に試乗している。その際に印象的だったのは、前型に比べ上質になった乗り味と、一段と高まった室内の静粛性だった。運転感覚としては、メルセデス・ベンツらしい確かな手ごたえを伝えてきて、信頼と安心を覚えさせた。一方で、今回のディーゼルエンジン車と同じ寸法の偏平タイヤを装着した仕様では、タイヤの硬さが乗り心地にも影響を及ぼし、路面の凹凸に車体が跳ねるような感触もあって、仕上がりはいまひとつと感じたのも事実だ。

さて、ここからは今回試乗したディーゼルエンジン車「A 200 d」についてお伝えしたいが、まず、今回の試乗車は、エンジンガソリンディーゼルかを論ずる以前に、クルマとしての仕上がりが非常によくなっていた。ガソリンエンジン車の試乗から5カ月ほど経過しているが、その間、このクルマを生産する工場での熟練度が増し、生産の精度が高まったのではないかと想像する。タイヤの銘柄こそ違っていたが、同じタイヤ寸法の偏平タイヤを装着して走っても、乗り心地や運転感覚が見違えるようで、文句のつけようのない仕上がりであった。

それに伴い、後席の座り心地もよくなっていた。座席と床の差が少ないことによる座りづらさこそ変わらないが、突き上げるような振動がなくなったことにより、快適さが改善していると思う。室内の静粛性は、ディーゼルエンジンになっても悪化している印象はなかった。

その騒音については、同じエンジンといいながらも、Cクラスで試乗したときよりもAクラスの方が静粛性に優れていると感じた。Cクラスでは室内にいてもディーゼル音が耳に届き、振動も感じられた。しかしAクラスでは、車外で聞けばディーゼルエンジンだと分かるものの、車内ではディーゼルであることをほとんど意識させなかった。

ディーゼルエンジンらしさを覚えさせたのは、渋滞中の発進・停止の繰り返しの際だった。アイドリングストップからエンジンが再始動するとき、また、クルマが止まろうとしてエンジンがアイドリングストップのために停止しようとするときに、「ブルンッ」と大きな振動がある。ガソリンエンジンであれば、この振動はもっと穏やかで、気付かないほどだろう。

逆にいえば、今回の試乗でディーゼルエンジンの弱点を意識したのは発進・停止を繰り返すシーンくらいで、ほとんどの時間は低回転から大きなトルクを発生するディーゼルエンジンの俊足ぶりを味わって過ごすことができた。アクセルペダルの踏み込みに対する応答も素早く、的確に速度にのせていく。ガソリンエンジンに比べ車両重量が100キロ以上重くなっているが、そうとは思わせない力強さをディーゼルエンジンが発揮していた。小柄なAクラスの俊敏な運転感覚を存分に楽しめる仕上がりだ。この爽快な運転感覚は、生産の錬度が増したことによるAクラスそのものの進歩とみることもできるだろう。

●「Aクラス」が追求する小型車の新しいカタチ
Aクラスは日本市場で人気を博しているようだ。2018年12月の発売から4月までの間に、ガソリンエンジン車の販売実績は5,000台を超えている。現在は納車が間に合わないほどの状況だそうで、これから注文しても、クルマの引渡しは秋口になりそうな見通しだという。これにディーゼルエンジンが加わると、さらに販売を伸ばすことになるのではないだろうか。

その顧客の動向は、他社からの乗り換えが5割を超えているという。顧客の約25%は女性だそうだ。前型のAクラスでは、かつての高級車然としたベンツを好む人たちとは異なる顧客層から、運転しやすくて身近なクルマの1台としての評価を得たと思うが、新型Aクラスでは、その傾向をさらに強めているようだ。

○最先端のクルマに乗りたいなら「Aクラス

Aクラスと競合する1台にフォルクスワーゲンの「ゴルフ」がある。ゴルフは小型車の世界的な規範といわれ続け、これまでに45年の歴史を積み上げてきた大定番だ。

それに対し、1997年に誕生したAクラスは、歴史こそゴルフに比べれば浅いものの、2012年に登場した3代目からは大きく方向転換し、新しい小型車の姿を目指して挑戦を続け、時代の先端を走るクルマであることを追求しているような気がする。

Aクラスのそんな姿勢を印象付けるのが、「ハイ! メルセデス」に象徴される対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)だ。内装も、メーターに大きな液晶を使うなど、斬新な造形を取り入れている。運転支援機能が「Sクラス」に近い内容となっていることも見逃せない。ゴルフモデルチェンジも間近なはずだが、新型Aクラスの先進性と比べると、少なくとも現行ゴルフは、今や一時代前の小型車の規範と見えてしまうほどである。

Aクラスゴルフのどちらが合うかは人それぞれ価値観によるし、これまでの比較も決して良し悪しを判断しようとしたものではない。しかし、ユーザークルマに対する期待が「所有」から「使用」へと変化する中で、あえて所有するならば最先端のものがいいと考える人たちには、Aクラスが適しているのではないだろうか。

今回のディーゼルエンジン車が、運転感覚や快適性で文句のない仕上がりだったことはこれまで述べてきた通り。だが、欧州では“ディーゼル離れ”の流れが強まっているのも事実だ。今後、クルマが電動化していく過程で、ディーゼルエンジンの残存価値はどうなっていくのか、今は思案の時でもある。

Aクラスで比べると、ガソリン車とディーゼル車の価格差は30万円ほどあるが、減税や軽油の安さなどを考慮すると、そこまで大きな差だとは感じなくても済みそうだ。しかし、排ガス浄化を行うための尿素水溶液(アドブルー)を定期的に補充する必要があるなど、将来的な残存価値への不安も無くはないのである。

時代の変化は早くなっている。現時点では素晴らしいクルマでも、その価値がいつまで持続するのかは予測が難しい。まさに今、クルマを購入する時期を判断するには困難な時代を迎えているのだ。
(御堀直嗣)

画像提供:マイナビニュース