君の名は。」の大ヒットから3年、世界が待ち望む新海誠監督の最新長編映画「天気の子」が7月18日に全国公開される。公開前の試写会は実施しないと発表されるなど、いまだ謎に包まれた本作の魅力の一端が、フランスで明かされた。
 6月10日から開催されているアヌシー国際アニメーション映画祭5日目の14日朝、「Working in progress」と題されたプログラムに「天気の子」が取り上げられ、プロデューサーの川村元気氏が登壇した。「Working in progress」は完成前の映画の制作過程を紹介する本映画祭ならの企画である。「天気の子」でも、企画誕生から最新状況までをプロデューサーが自ら語った。

川村氏は東宝出身のプロデューサーで、同じく東宝の古澤佳寛氏と2017年に映画企画会社STORY株式会社を設立したことでも知られる。
 セミナーの冒頭は、まず川村氏のプロデューサーとしてのキャリアからスタート。「告白」や「悪人」といった実写映画のプロデューサーを手がけるなかで、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」をきっかけにアニメに関わることになった。実写とアニメの両方を手がけるのは、テーマと物語に一番適した方法で表現したいからであるという。実写とアニメに明確な線を引かず、表現方法を幅広く捉えていることが窺われた。

その後が「天気の子」の制作について。ここでは「テーマ」「キャラクター」「背景」と3つのパートから作品を解説する。
 川村氏によると「天気の子」のテーマは3つある。ひとつはタイトルにもある“天気”だ。“天気”は世界の全ての人に関係するもので、誰もがいつも気にするものだ。これにより普遍性がある物語が誕生することになる。
 2つめは“雲のなか”。第1弾キービュアルにも描かれた雲が物語の鍵を握る。3つめは“少年と少女の東京におけるサバイバル”。都会における貧困といった今日的なテーマも、作品に関わってきそうだ。
 「キャラクター」と「背景」では、設定や美術などの豊富な資料を見せながら作品の意図や、特長を説明していく。これまで公開されていない設定やビジュアルもたっぷりに、キャラクターの性格づけ、背景における光の効果など作品の意図を解説する。特に新海監督の持ち味でありながら前作「君の名は。」ではビジュアルとして使い切れなかった雨や雲、水の表現がたっぷり描かれるという。ここだけの情報が盛りだくさんで、参加者にとっては貴重な体験になったに違いない。

QAでは、新海作品をよく知るファンからの濃いめの質問も飛び出した。「君の名。」の大ヒットのあとの方向性に悩まなかったかを聞かれると、川村氏は次回作をもっとアーティステックに向けるのか、エンタテインメントにするのかかなり悩んだと明かした。その結果「ど真ん中のエンタテンイント」である「天気の子」に決めたという。
 また作品と音楽の関係についても興味深い答えがあった。今回も「君の名。」に続きRADWIMPSが劇中の音楽を担当するが、作詞も手がける野田洋次郎は「天気の子」ではあらすじ段階で曲を作りはじめた。出来上がった野田の歌詞を見て、コンテや脚本を変えたこともあったという。映画と音楽がお互いに影響を与えているわけだ。

途中に新海監督のビデオメッセーシが紹介され、映画祭に行きたかったが、映画の仕上げ真っ最中のため訪問できなかったことを説明し、作品を楽しみに待ってくださいとの言葉が届けられた。
 そして最後には、映画の始まりの部分を特別に上映するサプライズ。作品の魅力と完成度の高さを感じるのは充分過ぎる内容で、会場を訪れた観客にとってはビッグプレゼントになっただろう。(数土直志)

川村元気プロデューサー