小山田圭吾のソロ・プロジェクトであるCorneliusが、7月より放送開始されるドラマ『サ道』の主題歌を担当することが分かった。

 『サ道』は、タナカカツキによる“サウナ伝道漫画”『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』を原作とする実写ドラマ作品。同作のため、Corneliusが書き下ろしたオリジナル楽曲「サウナ好きすぎ」は、作詞をタナカカツキが自ら担当。タナカカツキの作品のファンだったという小山田は、今回のコラボについて「とても光栄に思っております。あの漫画を実写でどう表現するのか、とても楽しみです」とコメントしている。

 なお7月26日には、この「サウナ好きすぎ」の配信がスタートすることも決まっている。

 そして、4thアルバムPoint』のリマスター作品が7月31日リリースされることを祝した公演【Cornelius Performs Point】が、8月に大阪・サンケイホールブリーゼ、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われることが決まっているが、このたび追加公演が発表。8月6日に東京・恵比寿LIQUIDROOMで開催される。


コメント
Cornelius小山田圭吾
サウナ好きすぎ』は、サウナの恍惚感を、楽曲で表現出来ればと、思いながらつくりました。タナカカツキ先生の作品を、いつも楽しみにしているファンなのでとても光栄に思っております。あの漫画を実写でどう表現するのか、とても楽しみです。

リリース情報
シングルサウナ好きすぎ」
2019/7/26 RELEASE

◎公演情報
Cornelius Performs Point
2019年8月06日(火)東京・恵比寿 LIQUIDROOM
2019年8月12日(月)大阪・サンケイホールブリーゼ(SOLD OUT)
2019年8月21日(水)東京・オーチャードホールSOLD OUT)

Cornelius、ドラマ『サ道』主題歌「サウナ好きすぎ」を書き下ろし