全国のケアマネジャー9万人が登録するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(http://www.caremanagement.jp/)、全国にリハビリ型デイサービスレコードブック」(http://www.recordbook.jp/)を展開するなど、健康寿命の延伸に向け、様々なヘルスケアサービスを運営する株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、ケアマネジャーをパネルにした要介護高齢者の医薬品独自調査サービス『CMNRメディカル』第6回調査「ウイルス性肝炎に関するアンケート」を実施しました。
本調査は、佐賀大学医学部附属病院肝疾患センター長・特任教授 江口有一郎先生のご監修のもとに実施されました。

■調査概要

調査名:CMNRメディカル(第6回) 「ウイルス性肝炎のご利用者に関するアンケート
期間:2019年3月5日2019年3月17日
調査パネル:「ケアマネジメント・オンライン」に登録する会員ケアマネジャー
(30代:8%、40代:32%、50代:40%、60代:18%、その他:2%)
調査サンプル数:810
調査方法:WEBアンケート

■調査結果(サマリー
B型・C型肝炎ウイルスの感染率は高齢者ほど高く(1)、肝臓がんの約80%は、B型およびC型肝炎ウイルスの持続感染による慢性肝炎が原因で発症する(2)と言われており、肝臓がんや肝硬変への進展防止、また新たなB型・C型肝炎ウイルス感染者を増やさない対策が求められています。肝炎ウイルス感染者への差別・偏見につながらないようにするためにも、ウイルス性肝炎に対する正しい認識は重要です。

本調査において、B型・C型肝炎の治療成績や助成制度をよく知るケアマネジャーほど、要支援・要介護の高齢者(以下、要介護者)に対してウイルス検査やウイルス性肝炎の治療を勧めていることが分かりました(P

配信元企業:株式会社インターネットインフィニティ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ