絶賛公開中の映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」。TVシリーズも好評を博した「青ブタ」の集大成的な内容となる劇場版だ。発売中の「ニュータイプ」7月号の特集記事にも登場していただいた梓川咲太役の石川界人さん、桜島麻衣役の瀬戸麻沙美さん、牧之原翔子役の水瀬いのりさんに、公開された今だからこそ話せる内容も含めて、たっぷり語ってもらった。

絶賛公開中の「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」から、梓川咲太役・石川界人さん、桜島麻衣役・瀬戸麻沙美さん、牧之原翔子役・水瀬いのりさんの座談会をお届け!

――TVアニメシリーズ以来、久しぶりのアフレコいかがでしたか?

石川 でもTVシリーズの収録から3か月ほどしか経っていなかったので、あまり久しぶりという感じでもなかったです。

――現場の雰囲気はどうでしたか?

石川 丸一日をかけて収録したので、個人的には今回のほうがキャストの皆さんといろいろとお話しできたような気がします。

瀬戸 そうそう、ランチタイムがすごく盛り上がったんですよ。

水瀬 主に瀬戸さんがしゃべってましたね。

――何の話題で?

瀬戸 ハロー!プロジェクトの話です(笑)たまたま現場に同好の士がいたので、ついうれしくなってテンションが上がってしまいました。

水瀬 でもおかげで、現場はすごくいい雰囲気になったんですよ。

瀬戸 ストーリーがかなりシリアスでずっと張り詰めていたので、どこかで緩みたかったのかもしれませんね。

――今回キーパーソンとなる翔子は、子供から大人まで色々な年齢で登場しますが、お芝居はいかがでしたか?

水瀬 もともとTVシリーズではそこまで登場シーンの多いキャラクターではなかったので、最初はけっこう不安だったんです。でもTVシリーズ最終話お風呂場の扉越しに咲太と会話するシーンがあって、あれが支えになったというか、劇場版の翔子さんを演じるうえでの核になったと思います。

――翔子の本質がよく表われているシーンですね。

水瀬 翔子さんは、いっしょに背負うけど、いっしょには悲しまない人。どんな時でも「わかりますよ」と優しく包み込んで、結果的に咲太を導くのが翔子さんなんです。劇場版ではちょっと涙ぐんだり気持ちが揺れたり、新しい一面も描かれますが、それすらも「あれ? おかしいな」ですませてしまう。あれは翔子さんならではの表現だなと思いましたし、やっぱり強い人ですよね。

――新しい一面という意味では、咲太や麻衣もTVシリーズ以上に悩み、新しい一面を見せている気がします。

石川 翔子さんの生死にかかわる難しい決断を迫られますからね。今回はそんな咲太の心の葛藤が思いっきり表現されていて、「ああ、彼も人間だったんだな」と、改めて共感しちゃいました。TVシリーズの収録ではよく「もっと抑えて」と言われていたんですが、今回に関しては「TVシリーズの芝居は忘れてもいいんじゃない?」と言われたくらいですから(笑)

瀬戸 そこは麻衣さんに関しても同じで、これまで以上に必死になったり取り乱す場面があって。でも麻衣さんとしてどれくらい崩してもいいものか、そこはやっぱり悩みました。でも最初のテストで「もっと必死でいい」とディレクションをいただいたので、これまでにない新しい麻衣さんの感情表現になったかなと思います。

――結果的には、3人それぞれが自分の命を差し出す決断をします。

瀬戸 翔子さんはそもそもそのために咲太に会いにきているし、咲太も割と早く覚悟を決めていたような気がするんです。個人的には麻衣さんだけが最後まで迷っていたのかなと。麻衣さんの心の動きはあえて見せない演出だったこともあって、麻衣さんがその間に何を思っていたかは、いろいろと想像しながらお芝居をしましたね。

水瀬 翔子さんはもちろん覚悟を決めたうえでこの世界に来たんですけど、それでも咲太たちと接していれば、もう少しだけ同じ空間で過ごしたいとか、ふつういろいろと欲が出ちゃいますよね。でもそれを断ち切って目的を貫き通す心の強さもあって、それは今の自分にはないものだなと思うし、あこがれる部分でもありますね。

石川 咲太にしても、相当な葛藤があったと思います。ただ自分が犠牲になるかならないかという話でもなくて、それによって麻衣さんを悲しませてしまうことも考えての決断なので。そういう意味では、劇場版ラストはとても美しくて綺麗な終わり方でしたね。それぞれが悩み抜いて行動してきた結果が、新しい世界にしっかりと息づいているというのは、どこか救われる気持ちになります。

――映像として楽しみなところはどこですか? 

瀬戸 先ほどPVの場面カットを見せていただいたんですが、夕日や雪の日の夜、車のライトなど、光の表現がとてもすてきで、完成映像が気になります。なかでも翔子さんの病室に夕日が差し込んでいるカットは、音楽や演出も含めて楽しみにしているところです。

水瀬 藤沢の風景がそのまま出てくるのも魅力だと思います。キャラクターのかわいさはもちろんなんですけど、美術も本当にすばらしいので、スクリーンのすみずみまで見逃さずにご覧いただきたいです。

石川 僕はキャラクターの表情がいちばん気になります。アフレコ時点では色は付いていなかったんですけど、それでもどのキャラクターもこれまでにない表情を見せていたので、そこは見どころのひとつだと思います。ぜひ劇場でご覧ください!

瀬戸・水瀬 ハンカチはお忘れなく!(WebNewtype・【撮影:後藤利江、取材・文:DAI】)

絶賛公開中の「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」から、梓川咲太役・石川界人さん、桜島麻衣役・瀬戸麻沙美さん、牧之原翔子役・水瀬いのりさんの座談会をお届け!