レジ袋の削減が進まないことに業を煮やしたカナダスーパーが、「アダルトビデオ」などの文字をプリントしたレジ袋を用意し、「恥をかく前にマイバッグを持参してください」とFacebook上の動画などで呼び掛けて話題になっています。

【その他の画像】

 このスーパーカナダバンクーバーの「イーストウェストマーケット」。レジ袋を減らすため、5セントの有料制を導入したものの、マイバッグを持参する動きは広がらなかったといいます。

 そこで一計を案じ、「変なアダルトビデオの店」「いぼの軟膏卸売り」といった、ちょっと恥ずかしい文字をプリントしたレジ袋を数量限定で用意し、配布することにしました。英Guardianの記事で、店舗のオーナーデビッド・リー・クウェンさんは「お客を困らせようと思ったのではなく、ユーモラスな仕掛けで問題について考えてもらいたいと思った」と狙いを説明しています。

 カナダ政府はレジ袋ストローなどの使い捨てプラスチック製品を2021年に禁止する計画を発表しました。日本でも、プラスチックレジ袋の有料義務化が2020年4月1日にも実施される見通しになっています。

「恥ずかしい思いをする前に、マイバッグを持参して」(イーストウェストマーケットがFacebookで公開した動画より)