bear1_e

image credit:photo by youtube

 子犬とコヨーテ赤ちゃんの違いを見分けるのはプロでも難しいとされているが(関連記事)、マレーグマの赤ちゃんもそうなのだろうか?

 マレーシアクアラルンプールの分譲マンションの一室で、マレーグマ赤ちゃんが飼育されていたようだ。

 マレーグマはクマ科最小種といわれる小柄なかわいいクマで、絶滅危惧種に指定されているため輸入や輸出は禁止されておりもちろんペットとして飼育することもできない。

 部屋に住む女性は「子犬だと思って保護した」と主張しており、確かにマレーグマはその小ささからドッグ・ベア(dog bear)と呼ばれることもあるようだがそれにしても・・・?

―あわせて読みたい―

愛情と相性が生んだ奇跡の関係、クマと人間の奇跡の友情物語
オオカミとクマが最強タッグを組んだ。共に寄り添い餌を分け合って食べるオオカミとクマのカップル
さびしんぼうのクマと怖いもの知らずの猫に芽生えた真の友情物語
パイロットは2度同じクマを救う。彼らがかつて保護した子グマを永遠に面倒を見ると決意するまでの物語(ロシア)
家にクマが侵入!小型犬が体を張って外におびき出そうと奮闘。自分の命と引き換えに家族の命を救う(アメリカ)

マンション上層階から獣のうなり声が聞こえてきてビビった!


Sun bear taken from condo owner

 6月6日、高級分譲マンション「セントリオスイーツ」の住人たちは、上層階から野生の獣のうなり声のようなものが聞こえてきて超ビビった。

 マンションの窓から頭を出して上を向くと、クマっぽい姿が見えてどうやらそれがうなり声をあげているらしい。

 住人らは最初、クマの着ぐるみを着用した人間がイタズラをしているのだろうと考えたが、それにしてもやはりおかしい・・・そこで警察に通報することにしたんだ。

Poor bear! Perhaps hungry and crying out for help 🐻

Ida Shareenaさんの投稿 2019年6月6日木曜日

警察が現場に駆け付けるも部屋の住人が帰省していて・・・

 警察と野生動物の専門家が現場に到着したとき、部屋の住人が休暇のため故郷に帰ってしまっていることが判明。

 どうやら残されたクマは何かの拍子に室内の一部屋に閉じ込められてしまい、「出たいよ~!」と吠えてアピールしていたようだ。

 幸いなことに部屋の住人であり、マレーシアリアリティ番組に出演したこともある歌手のソフィアさん(Zarith Sofia、27歳)に上手く連絡がつき、彼女は慌てて帰宅することになった。

You may love the wrong person, cry for the wrong reason. But one thing is sure, mistakes help us to find the RIGHT person. 🌿

#luff #peace #respect #behumble #bekind #shappingthefuture #igersmalaysia #vscom

Zarith Sofia Rockanova - ZsLoverzさんの投稿 2018年9月6日木曜日

弱った子犬だと思って保護したと主張するも...

 問題のクマは、生後6ヵ月と見られるマレーグマの赤ちゃんだった。ソフィアさんによると、ある夜に道端で弱っている動物を発見。

 犬の赤ちゃんだと思って保護したが、後になってマレーグマだと気付いたそうだ。ってやっぱ気づいてたようだ。

 しかしあまりにも弱っていたためそのまま動物園に連れて行くのも心配で、ブルーノと名付けて体力を取り戻すまで面倒をみることにしたのだという。

マレーグマを飼育できないことは知っていたし、ペットにするつもりはなかった。元気になったらすぐに動物園に連れて行こうと思っていたわ。

ブルーノがもし喋れたら、私の与えた食事がおいしかったというはず。チョコレートを食べたのよ


ソフィアさんはコメントしている。

bear1

弱ったマレーグマを放置して故郷に帰るってそんなのありなのか!?

 ところが、ソフィアさんのこの説明は警察もマンションの住人も納得させることができなかった。

 心ある人ならばそこまで弱っているマレーグマを放置して帰省することなんてできるはずがない!というのである。

 結局、ソフィアさんは野生動物保護法に違反したとして逮捕されることとなったんだ。

 それにしてもマレーグマの赤ちゃんがどうして弱った状態で道端にいたのだろう?いろいろ闇が深そうな事件だが、子グマが無事しかるべき施設に保護されたのでその点はよかった。

References:YouTube / Good times / Facebookなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52275560.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

便秘症の女性、トイレで力み過ぎて10年分の記憶を一時的に喪失するという事態に(香港)
負傷したハイカーを上空から救助していたヘリコプターにハプニング。ハイカーが宙吊り状態でクルクル回転(アメリカ)
キアヌ・リーブスに新たなる法則が!?女性と一緒に写真を撮るときにあえて手を浮かせていたことが判明
眉毛を上げて左手を握りしめよう!科学が教えてくれる創造性をアップさせる簡単な6つの方法【ライフハック】
クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)

―知るの紹介記事―

土星の衛星「タイタン」こそ人類が探すべき地球外生命体がいるかもしれない(米研究者)
これって燃え尽き症候群?自分が燃え尽き症候群になっていないかどうか確認する4つのチェックリスト
2040年、世界の肉の60%が人工肉に置き換わると予測される(米研究)
魚だって恋人を失うと悲しい。オスを連れ去られたシクリッドのメスは悲観的になりふさぎ込むことが判明(仏研究)
自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)
「子犬だと思ってました」明らかにクマーな子グマをマンションの一室で飼育していた歌手の女性が逮捕される(マレーシア)