第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。

U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。

決勝でPK失敗も大会を通じて3ゴールを記録するなど躍動したFW旗手怜央(順天堂大学)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。大会を振り返ると、個人的にはアピールできたと「良い大会」と評すも、優勝を逃したことで「力のなさを痛感した大会」でもあったと複雑な気持ちを明かした。

◆FW旗手怜央(順天堂大学)
──大会を振り返って
「個人的にはすごくアピールが出来て、良い大会だったと思います。ただ、結果としては準優勝に終わって、決勝まで行ったことはすごく評価されるかもしれないですけど、最後はそこの決勝の舞台で勝てなかったというのは、力のなさを痛感した大会でした」

──決勝戦のブラジル戦で通用した部分、通用しなかった部分は
「通用した部分よりも通用しなかった部分のほうが多いですし、何が通用したか、通用しなかったかはまだ自分の中で整理できていません。ただ、映像であったり、今後サッカーをやっていく中で、分かってくることなので、そういった部分が分かってきたときに整理して、もっともっと自分の特長を出していけるようにしたいです」

──今大会中のチームの雰囲気は
「試合をやっていくごとに優勝を目指すようなチームになっていきました。切り替えをしっかりしていましたし、何が一番かといえば、出ていない選手が次に出るために準備をして、練習からギラギラした目でやっていたことがチームが一つになった要因なのではないかなと思います」

──決勝戦ではPK失敗。涙を流したが
「一年後にオリンピックがある中で、一年前に本気で同世代と試合ができたことは、オリンピックに出て活躍することを考えれば、やはり大事なことだと思います。あのPKも自分の中では技術のなさを痛感しています。PK以外でも、90分で決着をつけれれば良かったと思います。そういう部分でも力のなさを感じました」

──それでもチリ戦ではハットトリックを決めるなど活躍したが
「ドリブルであったり、パスであったり、シュートの部分は通用したと実感しています」

──明日からはコパ・アメリカが開催。来年には東京五輪が迫っているが、自身の状況をどう考えているか
「コパのメンバーオリンピックの中心になると思いますし、今回のトゥーロンに行ったメンバーはギリギリの選手だと思います。日頃の練習をしっかりとやって、また代表に呼ばれるように練習していきたいなと思います」

サムネイル画像