ローマテクニカルディレクター(TD)を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。

トッティ氏はこれまで自身のすべてを捧げてきた故郷のクラブを退団するに至った経緯を包み隠さずに説明。TDとしての権限を全く与えられていなかったことがクラブを離れる決断に大きな影響を及ぼしたと語っている。

「この日が訪れないことを願っていた。だが、ついに来てしまった。それは酷く耐えがたいものだ。様々な状況を考慮したうえで、正しい決断を下したと思っている。ローマテクニカル部門で活動する機会は一切なかった」

「数カ月の間、悩んだ末にこの結論に至った。このクラブは愛され、支えられるべきクラブなんだ。そこにパロッタ派もバルディーニ派もトッティ派も存在しないし、このクラブローマファンのものなんだ」

「これまでも私はローマを最優先に考えてきたし、このクラブを世界で最高のクラブにしたいと思っていただけに、痛みを伴う決断だ」

ローマは私にとって第2のホーム、いや、それよりも重要なものだったかもしれない。家族と過ごすよりも多くの時間をトリゴリアで過ごしていたのだからね」

「(現役引退後の職務について)1年目は自分自身を表現できる可能性があったが、2年目は違った。クラブは私の意向は知りながらも、彼らは私の意見を望まず、あらゆる決定事項から私を排除していた」

「私はこれからも変わらずにローマサポートしていくし、これでサヨナラではないよ。ローマなくしてトッティを語ることは不可能なことだからね。ただ、1人のロマニスタとしてこの状況は歯がゆい気持ちでもあるよ」

「私はこれから別の道を歩むことになるが、他のクラブオーナーたちが自分のことを信頼してくれるならば、私自身の準備はできているよ」

1989年ローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間でいずれもクラブ歴代最多の公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティローマでは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアタイトルを獲得した。

個人としては5度のイタリア最優秀選手賞に加え、2度のセリエA最優秀選手賞に輝き、2006-07シーズンにはセリエA得点王と同年のゴールデンブーツ(欧州最多ゴール賞)を獲得。また、セリエA通算250ゴールは歴代2位の記録だ。

また、現役引退直後の2017年7月からはTD職に就任し、今年3月に退団したモンチSD(スポーツディレクター)の補佐役などを務めてきた。

サムネイル画像