第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。

U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。

MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。日本が世界に通じる部分を明かした。

◆MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)
──大会を振り返って
「今回初めての選手だったり、久しぶりの代表に参加選手がいる中で決勝まで行けで、日本のチーム力をすごい感じました」

──肌で感じた世界との差とは
「個々の部分では一対一であったり、フィジカルの所ではメキシコブラジル相手に対して凄い感じました。しかし、チームとして全然やれなかったことは無かったです。やれている部分もあったのでそういった意味ではよかったと思います」

──コパ・アメリカで同世代が出場することについて
チームでも試合に出れていなかったので選ばれなかったことは当たり前かなと思います。普段やっているメンバーなので、どれくらいできるのかということは僕自身興味があります」

サムネイル画像