声優の松岡禎丞さんが、ギネス世界記録に認定されました。認定内容は「1人の声優によりモバイルゲームに提供されたせりふの最多数」で、提供したゲームは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかメモリア・フレーゼ~(ダンメモ)」です。

【画像】松岡さんがギネス認定されたイベント

 「ダンメモ」は、テレビアニメ化もされたライトノベルダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を原作としたアプリケーション松岡禎丞さんは、主人公ベル・クラネル」役で出演しています。

 今回のギネス記録は、リリース2周年を記念したイベントダンまちFES2019 〜TVアニメダンまちIIとダンメモ2周年がいっしょにイベントをするのは間違っているだろうか〜」の中で発表されたもの。イベント中にギネス公式認定員が登場し、松岡さんと「ダンメモ」に認定証が授与されました。認定数値は1万175ワード

 授与される間に松岡さんは、「うそじゃないですよね?」といまだに信じられない様子で、受け取った後は「うれしいというか、本当に僕でいいのかという感じ」と気持ちを語りました。なお、1万ワードというのは、「松岡さんだけが演じるアニメで2クール分が放送できる量」ということです。

(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2 製作委員会

(C)WFS

認定証を受け取る松岡さん