アーセナルは17日、トップチームアカデミーチームにおけるコーチングスタッフの配置転換を発表した。

今回の発表によれば、U-23チームの監督を務める元スウェーデン代表MFのフレドリックユングベリ氏(42)が来シーズンからウナイ・エメリ監督率いるトップチームアシスタントコーチに就任し、アーセン・ヴェンゲル前体制からトップチームのディフェンス面の指導を主に行っていたスティーブボールド氏が、代わってU-23チームの監督に就任することが決定した。

なお、今回の配置転換は7月1日から行われる。

昨年7月からアーセナルU-23チームの監督を務めていたユングベリ氏は、今後アカデミー部門を統括するペア・メルテザッカー氏と連携しながら、アカデミーの若手のトップチーム登用に向けた繋ぎ役としての役割を果たすことになるようだ。

サムネイル画像