国内興行収入が255億円を記録し、観客動員数は2000万人を動員した『アナと雪の女王』(13)。その続編となる『アナと雪の女王2』が11月22日(金)から公開される。このたび、壮大な旅の幕開けを予感させる日本版特報映像が到着した。

【写真を見る】『アナと雪の女王2』でおなじみのキャラクターたちに待ち受ける試練とは…

アレンデール王国を治めるエルサとアナの姉妹は、深い絆で結ばれ幸せな日々を過ごしていた。だが、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”によって、姉妹は未知なる世界へと導かれ、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす旅がはじまる…。

前作に引き続きアナ役をクリステン・ベル、エルサ役をイディナ・メンゼルが演じ、監督にはクリスバックジェニファー・リーの2人が続投する本作。

到着した特報映像では監督のクリスジェニファーが登場し日本のファンメッセージを送ると、これまで明かされていなかった物語の一端が姿を現す。前作では語られなかったエルサの持つ魔法の力の謎を解き明かすため、アナとエルサ、自然を愛する無骨な山男のクリストフと、その相棒であるトナカイのスヴェン、そして雪だるまオラフといったおなじみのキャラクターたちが、眼の前に広がる美しい秋の世界を見つめ、旅へと繰り出す様子を描きだす。さらに、アナとオラフが激流を下るさまや、エルサが迫りくる大波と対峙するシーンが映しだされ、いったいどのような困難が待ち受けるのか期待せずにはいられない。

日本でも社会現象を巻き起こした“アナ雪”の新たな物語がついに動きだし、ますます期待が膨らむ本作。ふたたび、世界中に“アナ雪”旋風が巻き起こることは間違いない!(Movie Walker・文/編集部)

世界中でブームを巻き起こした「アナ雪」の物語が帰ってくる!