6月13日、韓国メディアには同じようなタイトルの記事が数十件も並んだ。まるで工場で大量生産したかのような大同小異な記事の内容は、すでに日本に伝えられているとおりだ。この2月、慰安婦問題をめぐって天皇(現上皇さま)の謝罪を言及した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、故金大中元大統領の夫人・李姫鎬氏の死去を受け弔問のため韓国を訪問した日本の鳩山由紀夫元総理と昼食をともにした際に、自分のかつての発言について、「心を痛めた人々がいれば申し訳ない」と謝罪した、という内容だ。

JBpressですべての写真や図表を見る

鳩山元総理は「合理的考えを持った政治家」

 しかし、なぜ日本の皇室や現政権となんらの関係もなく、すでに政界を引退している鳩山元総理に謝罪をしたのか。そして、日本政府の反発にも強硬に自分の所信を曲げなかった彼が、なぜ4カ月ぶりに、それも食事中にいきなり謝罪をしたのだろうか。数十本に及ぶ韓国での記事をいくら精読しても理由が分からない。国会報道官の報道資料をほぼそのまま引用して書いた記事には、何の解説や論評、分析も盛り込まれていなかったためだ。

 そこで、韓国のベテラン記者に解説を頼んだところ、次のような推論を聞かせてくれた。

「最近、日本の嫌韓感情が『一線を越えた』との危機意識があちこちで表明されるようになっている。政治はもちろん、経済や人的交流まで中断されたり、もしくは中断されるという懸念の声が上がっている。

 特に5月末に訪日した韓国の重鎮議員たちが冷遇を受けた事件は、韓日関係が奈落の底まで落ちている事実を象徴する事件として受け止められている。文喜相議長としては、ここまで悪化した韓日関係に自分の発言が一役買っていることが相当な心理的負担だったのだろう。

 しかし、だからといって公式的に謝罪することは、韓国人の国民感情を考えると難しい。鳩山元総理は韓国メディアからは『合理的な思考を持った政治家』と評価されている人物だ。その鳩山氏にかつての発言に対する遺憾の意を表明すれば、韓国人も『屈辱』とは思わない、と判断したようだ。何より大阪G20首脳会談を控えて、日本側から自分の発言(天皇謝罪)を再び取り上げる状況を避けたかったのではないか」

 文喜相議長は、この2月8日(現地時間)米国メディアとのインタビューで、慰安婦問題の解決に向けては「日本を代表する(安倍晋三)総理、またはすぐに退位する(明仁)天皇が謝罪することが望ましい」と話し、明仁天皇を「戦争犯罪主犯の息子」と称した。これに、日本政府は直ちに遺憾の意を表明し、文議長の発言撤回と謝罪を要求した。しかし、文氏は数回にわたり、「謝る理由がなく、発言を問題にするのは安倍政権の策略」と主張してきた。

「天皇が謝罪を」発言を支持した韓国のメディアもトーンダウン

「謝罪する事案ではない。10年前からの持論であり、今も根本的な解決策については、そう思っている」(2月12日訪米中の韓国記者団との記者会見で)

「リーディングステート(先導する国家)資格を持つためには果敢に謝罪しなければならない。(ドイツのように)土下座まで見せればもっと良い」、「謝罪すべき方が謝らず、私に謝罪しろというのはどういうことか。泥棒と居直りだ」(2月15日訪米日程を終えた直後、韓国マスコミとの記者会見で)

「10年以上も維持している私の持論だ。だから(私が)謝る理由がない。状況を日本国内で政略的に利用しているのではないかという疑問を持っている。もどかしいだけだ」(2月22日韓国メディア『オーマイニュース』のインタビューで)

 文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党は文氏の発言を積極的に援護した。韓国外交部は文氏の発言は「真正性が必要だという趣旨」とし、発言撤回や謝罪に対する勧告をしないとの方針を日本側に伝えた。当時の与党の院内代表だった洪永杓(ホン・ヨンピョ)議員は「(文氏の発言は)適切な要求だ」と述べ、文在寅大統領の側近である宋永吉(ソン・ヨンギル)議員も「(文氏の)天皇謝罪要求は正しい」「無礼者はむしろ日本のほう」と、文議長の肩を持った。

 さらに、韓国メディアも、文氏に謝罪を求めた日本政府に対し、「泥棒の居直り」「妄言」「無礼」などの表現を使って非難し、文氏を援護した。

 しかし、これを境に日韓関係の悪化が韓国の経済と安保に打撃を与えかねない状況にまで発展すると、文氏の発言に「心がすっきりした」「言うべきことは言った」などとの反応を見せていた韓国メディアの論調が少しずつ変わり始めた。3月から、文氏の発言以降、日本政府では韓国に対する経済報復まで示唆されているという日本側の報道が続出するようになると、韓国メディアは、日本人の反韓感情に直接火をつけたのは文氏の発言だと報道し始めた。

<先月初め、文喜相国会議長の「天皇謝罪」発言後、(日本)政界や世論の反韓感情がさらに高まり、日本国内での韓国企業の立場はより萎縮している。文議長の発言後、日本の政権・与党の自民党の一部から韓国に対する経済報復を主張する発言が本格的に出たことが、これを端的に示す>(「激昂した日本、『半導体素材供給中断・報復関税』の脅し」 毎日経済新聞3月10日)

<2月に文喜相国会議長の「『戦犯の息子』天皇が、直接慰安婦に謝罪しなければならない」と言った発言は、日本世論を完全に(韓国に対して)背を向けさせる原因となった。このような険悪な雰囲気の結果は今年末にも数字で出ると思われる>(「政治が悪化させた韓日関係、『経済』だけで乗り越えられるか」 東亜日報4月17日

<韓日間の対立の溝をさらに深めたのは(慰安婦支援を行う)和解・癒やし財団の解散、徴用工の賠償問題など歴史問題だけではない。両国の高官らの感情的な対応は、「火に油を注ぐ」ようなものだった。韓国側では文喜相国会議長が2月、あるマスコミとのインタビューで、従軍慰安婦問題と関連して天皇謝罪の必要性を言及したことで日本を騒然とさせた>「韓日経済断絶で新規投資断絶・・・『これ以上悪化してはいけない』」(ソウル経済新聞4月30日

日本政府が納得するはずがない「謝罪」をあえてしてみせた理由

 日韓問題を議会レベルで話し合おうと日本の衆参両議院を訪れた韓国の国会議員が伝えた日本の雰囲気も文氏を悩ませた。特に5月28~29日に訪日した韓国国会外交通商部所属議員たちの生々しい証言は韓国でも話題になった。「韓日関係がどれだけ悪化したのか東京で肌で痛感した。『韓国バッシング』が深刻だった」(尹相現議員)、「日本には数回も来ているが、こんな冷遇は初めてだ」(兪奇濬議員)、「日本国内の雰囲気がとても良くない。日本の議員たちさえも韓国議員に会うのを避けるほどだった」(千正培議員)

 加えて、日本側が持続的に謝罪を求めている点も、文氏には大きなプレッシャーになったに違いない。

 現在、韓国では文在寅政権の悲惨な外交力に対する懐疑論が浮上している。日本はもちろん、米国、中国、ロシアの、どの国とも確固たる関係を築けないまま、総力を傾けてきた北朝鮮との関係改善も膠着状態に陥った。韓国の野党とメディアからは、「外交惨事」という非難が殺到している。

 仮に大阪G20で、文在寅韓国大統領が議長国である日本の安倍総理と首脳会談ができない場合、文議長の発言が日韓関係破綻の原因の一つとして再び取りざたされることは明白だ。また、G20で両国の首脳会談が行われたとしても、日本側からもう一度文氏の発言に対する謝罪要求がある可能性もある。この場合、ただでさえ弱まっている文氏の立場はもっと困惑なものになる。

 そこで文氏は、普段から話が通じる相手だった鳩山元総理を選び、G20を目の前にした時点で、急遽遺憾の意を表明したということなのだろう。

 ところで、いくら鳩山元総理に遺憾の意を伝えたところで、日本政府が納得するはずがない。しかし、前出のベテラン記者によれば、文氏としてはそれで十分なはずだという。彼の狙いは、国内向けに「日本に遺憾を意を示した」という既成事実を作ることにあるというのだ。

 つまりこういうことだ。日本がこれに反応しなければ、「日本に遺憾の意を示した」という事実だけが残る。その事実は韓国内に向けての十分なアピールポイントになる。逆に、もし日本側から「正式な謝罪」を再び求められたりした場合には、今度は韓国メディアと韓国国民が日本に猛反発し、文氏を擁護する側に回ってくれるに違いない、ということなのだ。

「文喜相議長は、韓国で『外見は張飛だが、中身は曹操』と評されている。つまり、どんな苦境に陥っても、そこから抜け出すことができる卓越した戦略家ということだ。おそらく今後、文議長のことを韓国メディアは『悪化の一途を辿る韓日関係を改善するために大きな決定を下してくれた人物』として報じていくだろう」

 韓国人記者の推論に基づく文氏の「戦略分析」を聞いて、心底感服してしまった。彼が「遺憾の意」を示しただけでは、日韓関係は全く好転しない。逆に日本がこれに反応してくれば、さらに両国関係は緊迫化するかもしれないが、彼個人の立場は良くなることはあっても悪くはなりそうもない。これら全てを読んだ上での「遺憾の意」の表明ということならば、いかにもジャングルのごとき韓国国会で頂点に上りつめた人物らしい巧妙な処世術、と評すべきなのかも知れない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  金正恩戦略を解くカギはバスケにあり

[関連記事]

老いる韓国で定年延長論議がすんなり進まない理由

「旭日旗を拒否せぬ中国」に韓国メディアが大慌て

今年1月、韓国国会で新年の記者会見に臨んだ文喜相議長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)