あの大手ポータルサイトYahoo!」が現在大炎上しております。どうやら簡単にまとめますと、利用者から、ユーザー行動などのデーターを入手し、そのデーターを他社に売却しているのではないかという問題です。ちなみにこのサービスは「Yahoo!スコア」と呼ばれており、Yahoo利用者であれば誰でもスコアデーターを持つことになります。

Yahooスコアはどこにある?

Yahoo!スコアは、トップページの登録情報から「プライバシー・メール配信」のタブをたどると表示されます。ちなみにこのスコアデーターは

本人確認・信用行動・消費行動・Yahoo! JAPANサービス利用

などの情報が含まれており、例えばみなさんがヤフオク!を利用した際の取引実績や評価、ショッピングでのレビュー回数、知恵袋での活躍度、Yahoo! JAPANへの支払い滞納の有無および回数、などなどが含まれており、要はその人に対する「信頼性」を格付けしたデーター化したもののようです。

これを「パートナー企業」つまり他社に渡しているようですが、規約によると

Yahoo!スコアの提供は、お客様がそのサービスYahoo! ID連携を実施する際に個別に同意をいただいた場合に行われます。 お客様ご自身の同意をいただかない限り、パートナー企業のサービスへのYahoo!スコアの提供は行われません。

とのことです。

何が問題なのか

問題となっているのはそれらデーター蓄積が「デフォルトで「オン」になっている」とのことです。つまり貴方が、Yahoo!ヤフオク等を利用しているのであれば、すでにデーターは蓄積され、貴方の信頼性が数値化されているわけです。

よくあるのが、行動分析で、その人が購入した商品などに関連する広告を表示させるターゲティング広告が挙げられるが、今回はそれではなく「ユーザーの信頼性」という新たなデーター。

一体これをどこに送り何に使うのか、全く謎なところが恐ろしいわけです。ちなみに現在このスコアは確認することはできないので、なんとも気持ちの悪い状態ではあります。



画像が見られない場合はこちら
Yahoo!ヤバイ「Yahoo!スコア」ユーザー格付けが勝手に送信される?と話題に