コパ・アメリカ初戦、序盤は互角の攻防も力負け FW上田らが決定機も無得点

 日本代表が招待参加している南米選手権コパ・アメリカ)の初戦チリ戦が現地時間17日に行われ、日本は2連覇中の王者を相手に0-4と大敗し黒星スタートになった。

 招待国の日本はインターナショナルマッチデーが適用されず、多くの主力選手が所属クラブに招集拒否されるなか、森保一監督は来年の東京五輪に出場する世代を中心にチームを編成し大会に臨んでいる。初戦チリ戦のスタメンには先日レアル・マドリードへの加入が発表された18歳のMF久保建英が名を連ね、4-2-3-1のトップ下に入った。

 日本は序盤からチリと互角に渡り合い、左サイドを久保が鋭く突破してチャンスを演出する場面や、同12分に左コーナーキックを中央でDF植田直通がヘディングで合わせる惜しいチャンスも作った。

 一方のチリも両サイドからの鋭い突破で中央へ折り返して日本ゴールに迫ったが、最終ラインも集中力を切らさず、GK大迫敬介が思い切りの良い飛び出しでピンチを防ぐなど、決定機を与えることなくゲームを進めた。

 しかし同41分、日本はチリの左コーナーキックからMFエリック・プルガルに打点の高いヘディンシュートを決められて失点。0-1とビハインドを背負ってハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると前半よりもチリにボールを支配されるようになり、日本は自陣でのプレー時間が長くなった。すると同9分、右サイドからDFマウリシオ・イスラがマイナスに戻したボールを、FWエドゥアルド・バルガスがミドルシュート。これがDF冨安健洋の足に当たってコースが変わって日本ゴールへ吸い込まれ、0-2とビハインドが広がった。

 直後の同12分、日本は柴崎が中盤でボールを奪うとそのまま持ち運び、アーリークロス気味のラストパスを送った。そこにファーサイドから上田がフリーで入り込んだ決定機を迎えたが、ここでもシュートが枠外に飛んで反撃の1点とはならなかった。

 さらに同20分、日本は久保がゴール前へドリブルで切り込み、ペナルティーエリアの中で左45度付近からGKと1対1になってシュートを放ったが、ニアサイドを狙ったシュートは枠外に飛んでこちらもゴールとはならなかった。

 その後も日本は上田が2回の決定機でゴールを決められず、逆に同37分にはMFチャルレス・アランギスのラストパスをFWアレクシス・サンチェスに押し込まれ、同38分にもバルガスにこの日2点目を奪われて0-4の敗戦。少なくないチャンスがあった試合だけに、“得点を奪う”という点で大きな差を見せつけられる初戦になった。(Football ZONE web編集部)

日本がチリに0-4敗戦【写真:Copa America】