横浜F・マリノスは、ポーランド1部のポゴニ・シュチェチンに所属していたMF泉澤仁の加入を、18日にクラブ公式サイトで発表した。

 公式サイトには泉澤のコメントが掲載され、「1日でも早くマリノスファンサポーターの皆さんに認めてもらえるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」と、新天地での意気込みを語った。

 27歳の泉澤は、阪南大学を卒業後の2014年大宮アルディージャに加入。2017年にはガンバ大阪へと完全移籍を果たし、昨シーズン後半は期限付き移籍した東京ヴェルディでもプレーした。1月5日にポゴニ・シュチェチンへと完全移籍した泉澤にとってはおよそ半年ぶりの日本復帰となる。

横浜FMが獲得を発表したMF泉澤仁(撮影は昨年8月)[写真]=Getty Images