【元記事を音楽ナタリーで読む】

7月5日に公開される乃木坂46ドキュメンタリー映画第2弾のタイトルが「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」に決定。合わせてポスタービジュアルも解禁となった。

スタービジュアルには白石麻衣と昨年12月乃木坂46の活動を終えた西野七瀬が抱き合うカットが使用されている。これは今年2月に大阪・京セラドームで行われた西野の卒業コンサート乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」最終日に、2人がユニット曲「心のモノローグ」を披露した際のステージ裏でのワンシーングループ結成から7年間グループをけん引してきた白石と西野がどのような言葉を交わしたのか、映画本編で明らかになる。

さらに映画の完成披露上映会が、6月25日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われることが発表された。上映会では舞台挨拶も行われ、秋元真夏、梅澤美波、齋藤飛鳥、高山一実、与田祐希、岩下力監督が登壇する。チケットぴあでは本日6月18日18:00よりチケットの先行予約を受け付ける。

「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」完成披露上映会

2019年6月25日(火)東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
START 18:30
<出演者>
秋元真夏 / 梅澤美波 / 齋藤飛鳥 / 高山一実 / 与田祐希 / 岩下力

映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」ポスタービジュアル