セキュリティソフトなどを開発するMONET千葉市)は6月18日、自身の死亡などに備えて、他人に見られたくないデータアクセス権限を管理できるWindowsソフト「まも~れe」の先行体験版リリースしたと発表した。遺族に見せたいデータと消去したいデータを分けて保管できる。体験版は無料。

【その他の画像】

 PCに保存しているデータを「存命中から誰でも開ける開示データ」「ユーザーが死亡したら親族のみに開示する重要データ」「本人以外は開けない秘密データ」に分類、親族は事前に共有されたIDとパスワードで権限のあるデータを閲覧できる。ユーザー本人以外が閲覧しようとした場合、秘密データを自動削除する設定もある。

 親族が開ける重要データSNSアカウントネットバンキングクレジットカードといった資産相続などで必要になるもの、開示データには葬儀や供養の希望や遺言など、秘密データにはプライベートな情報の保存を想定する。

 先行体験版は市場調査用で、セキュリティレベルは低いという。正式版は2019年リリースを予定している。