500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、キャリアがある女性が無意識に言ってしまう「恋愛の暴言」についてお話します。

隠れモテの地味メンから交際を申し込まれた“高嶺の花”

生命保険会社で営業アシスタントを務める長内麗子さん(仮名・29歳)は、3か月前に2年付き合った、谷藤雅人さん(仮名・31歳)にこっぴどくフラれてしまい、私のところに相談に見えました。

麗子さんは人目を引き付ける美貌の持ち主。パッチリとしたアーモンドアイとキュッと結ばれた唇が意志の強さを語っています。ロングヘアストレートでサラサラ、身長が高く、モデルのような容姿をしています。伺うと、自他ともに認める“職場の華”だそうです。

交際していた雅人さんは身長もさほど高くはなく、決してイケメンとはいえないルックスながら、テキパキと的確に仕事をこなすだけでなく、周囲の同僚にも細やかな気配りをする男性。社内はもちろん、取引先からの信頼も厚く、出世頭と認められている人だったとのこと。

そんな雅人さんと麗子さんの交際が始まったのは、些細なきっかけからでした。会社の懇親会で話をした際に、同郷であるだけでなく、卒業した中学校が近かったことから地元トークで盛り上がり、その後、食事を2度一緒にした後に雅人さんから麗子さんへの交際の申し込みがあったそうです。

しかし、麗子さんは雅人さんに好意を持っていたものの、即答はしなかったそうです。雅人さんが地味な容姿をしていたこともありますが、麗子さんの実家は開業歯科医ということもあります。

麗子さんは一人娘です。理系の教科が苦手で、文学部に進学してからは、両親からは「歯科医以外との交際は認めない」そう厳しくしつけられていたそうです。

これまでの交際相手は、実家の両親が紹介する歯科医師ばかり。雅人さんから交際の申し込みは、麗子さんにとって初めての自由恋愛です。

雅人さんへの返事は「YES」。お互いを高め合える恋愛がスタートするも……

コミュ力が高い男性はモテるから嫉妬心が

最終的に麗子さんが雅人さんにOKの返事を出したのは、交際の申し込みがあってから一週間後でした。雅人さんの誠実な人柄に惹かれたことや、信頼できると思えたのはもちろんですが、両親の影を感じることのない恋愛を体験したいという思いもありました。

そうしてスタートした、2人の交際は順調そのものでした。

腕利きの保険セールスマンでもある雅人さんはコミュニケーション力も高く、勉強熱心で、これまで麗子さんが全く知らなかったビジネスの世界を感じられることができる男性です。雅人さんの友人らとの関わりから、出会うことのない人たちの出会いが増えたり、麗子さんにとって刺激的な毎日でした。

雅人さんも麗子さんから、礼儀作法やマナー、身のこなし、ファッションなど、日常生活からどんどん学んでいき洗練されていきました。

お互いに刺激を与え合い、お互いがともに成長できる。絵に描いたように完璧ともいえるような2人の関係でしたが、雲行きが怪しくなりはじめたのは交際スタートから10か月目のことでした。

麗子さんは今までイケメン歯科医とばかり交際してきたので、雅人さんは見た目も地味だしモテないと思っていたのです。しかし、その思い込みとは全く異なり、雅人さんはめちゃくちゃモテている事実に気が付きます。

自分を大切に思ってほしい気持ちが暴走して、恋人に対してマウンティングともとれる発言を繰り返す女性は少なくない。

「仕事より、他の女性より私を構ってほしい」と思う気持ちが暴走した結果どうなってしまったのか……~その2~へ続きます

プロフィール

恋愛・キャリアの賢人 小川健次

恋愛カウンセラー/営業・マーケティングコンサルタントとして、年間約500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のためのアドバイスが支持される。同時に、中小企業を対象とした営業、マーケティングのコンサルティングを行なう。 株式会社リエゾンジャパン代表取締役、社団法人感覚刺激と脳研究協会理事ほか、多岐にわたる活動をしている。
Blog : https://ogawakenji.com/

関連画像