認定NPO法人 国連WFP協会は、「WFPチャリティーエッセコンテスト2019」(応募期間:7/1(月)~9/6(金))を実施し、小学4年生から大人まで幅広い世代の方々から作品を募集します。1作品の応募ごとに、給食4日分(120円)が寄付協力企業より国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられるユニークな企画で、多くの賛同を得ています。

今年のテーマは「私のとっておきごはん」。家族や友人を応援したいとき、目標に向かって頑張るとき、「ここぞ!」という場面で食べるごはんについて、印象に残るごはんの思い出や出来事をつづっていただきます。
今年は、初めて参加頂く広瀬アリスさんをはじめ、各界で活躍する3人を特別審査員に迎え、世代を超えた皆様からの応募を目指します。

2020年に向け、スポーツビッグイベントが目白押しの日本。海外からの訪問客も増加し日本の食事も人気ですが、「食育」「地産地消」「食品ロス」など、日本の食についての意識変革もクローズアップされています。
一方、世界では8億2,100万人が飢えに苦しむなど、まずは「食べられるか否か」という命の根源に関わることが重要な課題となっており、参加者の皆様には、食べることすらままならない途上国の子どもたちにも想いを馳せてもらうことを期待しています。

コンテスト2004年から開始し、今年で16年目を迎えます。昨年は1万9,291通の応募があり、およそ7万7千人の子どもたちへ給食を届けることができました。

国連WFPは毎年、途上国の子どもたち約2,000万人に学校給食を提供しています。給食は子どもの栄養を改善すると共に、通学を促し、勉強への意欲を高め、将来の可能性を拓きます。教育の普及は国の発展にも繋がります。およそ30円で、子ども1人に1日分の給食を届けることができます。

<開催概要>
テーマ】 「私のとっておきごはん」【題名】 自由
【部門】 1.小学生部門(4・5・6年生) 2.中学生高校生部門 3.18歳以上部門
【募集期間】 2019年7月1日(月)~9月6日(金)〔締切日必着〕
【応募方法】 本文200字~800字(題名、学校名、学年、氏名は原稿用紙欄外に記載)。
1ページの文字数は20字×20行。応募は日本語で、1人1点、未発表作品に限ります。
応募票に必要事項を記入のうえ作品に添付し、下記宛先に送付してください。
【お問い合わせ・作品送付先】 WFPエッセコンテスト事務局
TEL: 03-3980-9030 ※10:00~12:00/13:00~18:00(土日祝日を除く)
170-0013 東京都豊島区東池袋1-17-8 NBF池袋シティビル8F ポパル気付

オンラインでの応募も可能です。ウェブサイトをご確認ください。
■WFPエッセコンテスト専用ウェブサイトhttps://www.wfpessay.jp/2019/

【各賞(予定)】 1.WFP 賞(最優秀作品)1名 2.小学生部門賞 1名 3.中学生高校生部門賞 1名 4.18歳以上部門賞 1名 5.審査員特別賞 各部門1名 6.佳作 各部門5名 7.WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)
【発表】 2019年10月15日(火)に専用ウェブサイトで発表予定。
【賞品】 WFP 賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式にて賞状と賞品を進呈。佳作受賞者には郵送。WFP学校給食賞受賞校・団体には賞状を郵送。
※入賞作品の一切の権利は主催者に帰属するものとし、応募作品は返却いたしません。

【主催】 認定NPO法人 国連WFP協会
【後援】 WFP 国連世界食糧計画 日本事務所外務省農林水産省文部科学省、 全国都道府県教育委員会連合会、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、 朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、神奈川新聞社、東京新聞NHK
【特別協賛】 日清食品ホールディングス株式会社株式会社三菱UFJ銀行
【寄付協力】 昭和産業株式会社トヨタ自動車株式会社日清食品ホールディングス株式会社、三菱商事株式会社

【協賛】 株式会社IHIアルフレッサ ホールディングス株式会社伊藤忠商事株式会社伊藤忠食品株式会社、井村屋グループ株式会社株式会社えびせんべいの里、 株式会社オウケイウェイヴ、株式会社カネカ、株式会社協進印刷、株式会社湖池屋、 コクヨ株式会社、シダックス株式会社株式会社小学館、昭和産業株式会社株式会社真誠、宗教法人真如苑、東洋水産株式会社トヨタ自動車株式会社、 日清医療食品株式会社、ニッシントーア・岩尾株式会社日本ハム株式会社、 プリマハム株式会社、三菱食品株式会社、有楽製菓株式会社

配信元企業:特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ