株式会社 JTBのグループ会社であるJTB Hawaii, Inc.(米国ハワイ州、代表:北川博幸)は、2019年2月に資本業務提携を行ったShaka Guide, LLC(本社:米国ハワイ州、共同創業者:Andrew Fowers/以下SG)と共同で、ハワイ州において初となるGPSを活用した日本語ドライブ音声ガイドアプリ「オアフ・サークルアイランド・ツアー」を開発し、サービスの提供を開始しました。
ドライブアプリ開発の背景と目的】

ハナイワ(イメージ)
近年、ハワイ州を訪問する日本人のリピーターは増加しており、定番の観光スポットではなく、人と違うところを訪れてみたいというお客様が増えてきました。また、ハワイ州では日本人旅行者が入国後1年以内に限り,有効な日本の自動車運転免許証で運転することができるため、レンタカーを借りる手続きが簡易で、今後もレンタカー需要の増加が見込まれます。時間や目的地が指定されたオプショナルツアーに参加する従来型の過ごし方ではなく、レンタカーを活用して島内を移動し、特別な場所を訪問したり、より深くハワイを知りたいというようなニーズは益々増えてくると想定されます。この日本語ドライブ音声ガイドアプリは、そのようなニーズに応えることを目的に開発されました。更に、このアプリを通じ、日本のお客様により深くハワイを知っていただくと共に、ハワイ州政府観光局が推進しているレスポンシブル・ツーリズム(*)を支援することも目指しています。併せて、ハワイ州観光業界では観光ガイドの高齢化や人手不足が深刻な課題となっており、日本語ドライブ音声ガイドアプリの開発は、これらの社会変化に対応し課題の解決を図ることも目指しています。

(*責任ある観光:地域住民や自然環境への悪影響を最小にしながら観光産業の持続可能な発展を実現しようという取組み)

Audio ARを活用した新しいドライブガイドアプリの特徴】
タートルベイ(イメージ)
Audio AR (AR: Augmented Reality =拡張現実) とは、視覚でなく「音声」による拡張現実で、このアプリではスマートフォンGPSを活用し、お客様の位置情報から、お客様が見ているものに対し「音声」や「音響」によるユニークサービスをご提供します。英語のドライブ音声ガイドアプリは北米やハワイでも既に様々普及していますが、このアプリは、事前にスマートフォンダウンロードしておくことでインターネット接続がない環境でも利用が可能であり、お客様が予め情報の設定されたスポットに近づくと、GPS位置情報を利用して日本語の音声ガイドと共に音響も自動再生されます。音声ガイドにはハワイの奥深い文化や伝説、トリビアジョーク、定番の観光名所から知る人ぞ知る穴場スポットの情報が含まれており、かつそれが単純な音声ではなく、臨場感をもたらす音響効果(サウンドエフェクト)を駆使したナレーションで提供されるため、ハワイ旅行の気分を大いに盛り上げてくれます。

このアプリを利用することにより、これまでガイド付きのオプショナルツアーに参加しなければ聞くことができなかった観光地の詳しい情報や、その土地や建造物にまつわる物語などを、レンタカー利用のお客様がお好きなペースでオアフ島内を移動しながら楽しむことができます。それは、ガイドブック片手のドライブや地図アプリのナビとは一線を画す、新しい感覚の体験です。

今回サービス開始する日本語版の
「オアフ・サークルアイランド・ツアー」の販売価格は600円です。

今後は、オアフ島南部や、近年人気が高いカイルア地区、日本からの直行便があるハワイ島など対応エリアを拡大し、お客様にとってより有益で利便性の高いサービスが提供できるよう更なる開発を進めてまいります。

【利用イメージ
利用イメージ1
利用イメージ2

【SG社、ドライブアプリの概要】

2016年創業で従業員は10名。主に米国人向けにAudio AR型英語ドライブ音声ガイドアプリを開発・販売。創業以来ハワイ州主要4島(オアフ、マウイ、ハワイ、カウアイ)で10ツアー以上を開発・販売しており、25万件以上のアプリダウンロード実績をもつ。Appストア(英語版)の評価は4.9と、オアフ島観光アプリNo.1評価を獲得している。

Shaka Guide HP:
https://www.shakaguide.com/jp-circle-island-driving-tour

「オアフ・サークルアイランド・ツアー」紹介動画:

配信元企業:株式会社JTB

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ