ロドリことロドリゴ・エルナンデス 写真提供:GettyImages

 アトレティコ・マドリードスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(ロドリ)が、クラブへ退団希望を伝えたようだ。18日、英メディアスカイスポーツ』が報じている。

 2018年ビジャレアルからアトレティコに加入したロドリ。下部組織時代を過ごしたクラブへの復帰となった。高いディフェンス能力とパス精度で、アトレティコ中盤の要となっている。

 そのロドリにはマンチェスター・シティバイエルン・ミュンヘンが獲得に乗り出しているとされており、両クラブはロドリとアトレティコの間に設定されている7000万ユーロ(約84億7000万円)の契約解除金を支払う姿勢を見せているようだ。

 その中、ロドリの代理人はアトレティコミゲルアンヘル・ギル・マリンCEOと会談。他クラブと交渉したいという旨を伝えたようだ。

 ロドリの退団に向けた動きは日に日に進んでいるといっていいだろう。果たして移籍先にはシティとバイエルンどちらを選ぶのだろうか。