カフェに行くと、前のお客さんが自分のタンブラーを出して注文しているところを見かけることがあります。

「このタンブラーに、カフェラテをお願いします」

いつもありがとうございます」

そんな会話が聞こえてくると、何となくカフェ慣れして見えますし、オシャレだなと思うこともあるでしょう。

※写真はイメージ

真似してみたくもなりますが、「これだ!」というようなタンブラーに出会うのはなかなか難しいもの…なんとなく買わずに、そのままプラスチック容器や紙コップを使ってしまう人も少なくありません。

自分のタンブラーを持ちたい人はもちろん、すでに持っている人にもお勧めできる、オシャレで機能的、持ち歩くのが楽しくなる製品をご紹介します。

豊富なデザインが魅力の『CORKCICLE』

CORKCICLE(コークシクル)』は、アメリカ・フロリダ州発のボトルブランド

機能的なだけでなく、デザインの豊富さも『CORKCICLE』の魅力です。

単色カラーはもちろん、華やかで可愛らしいものからシックなものまで、多様なデザインで人気を集めています。

見ているだけで楽しいCORKCICLEの一覧はこちら!

デザインだけでなく、スクリュータイプのフタを閉めることができる『ドリンクボトル』やカフェでよく見かける『タンブラータイプなど、種類もさまざま。

また、「真空スリーレイヤー構造で結露しない」「保冷効力や保温効力が高い」「裏面に滑り止めが付いている」といった機能面も充実しています。

『タンブラー』タイプ

Copper』470㎖サイズ・3400円(本体価格)

カフェなどでもよく見かける『TUMBLER(タンブラー)』タイプは、300㎖、470㎖の2サイズを展開。

300㎖サイズ・3200円(本体価格)

保冷効力は、300㎖サイズが、5℃以下を1時間キープ。470㎖でも6℃以下を1時間保つことができます。

保温効力では300㎖で73℃以上、470㎖で82℃以上の温度を1時間キープすることが可能です。

『タンブラー』の一覧を見る

『ステムレス』タイプ

『Turquoise』3200円(本体価格)

『STEMLESSステムレス)』は、ワイングラスから足(ステム)を取り除いたデザインになっています。

背が低く、ふっくらとした丸みを帯びたデザインで、容量は300㎖です。

保冷効力は5℃以下を1時間、保温効力では73℃以上を1時間保つことができます。

『ステムレス』の一覧を見る

リンクボトルが気になった方はこちらの記事からご確認ください。

「水筒界の黒船や~!」 フロリダ発『コークシクル 』のドリンクボトルを使ってみると…

実際の保冷効力を試してみた

CORKCICLE』のタンブラーには、どれほどの保冷効力があるのかを実際に試してみましょう!

サイズは470㎖を使用し、氷と水を入れてみました。

ステムレスには氷だけを入れてみます。

タンブラーに付属する、飲み口を開閉できるフタをセットし、19時20分ごろから部屋に放置。

約14時間後の翌日9時30分ごろに中を見てみると…。

まだ氷が残っていました!

炎天下ではありませんが、エアコンも切れている室内でドリンクを冷たい状態のまま保つことができたようです。

しかも、まったく結露していなかったので、机が濡れているということもありませんでした。

コースターを置かなくても机を濡らさずに済むのは、会社など書類の多い場所ではとても助かる機能です。

ステンレス製のストロー

プラスチックを少しでも減らそうと、海外ではプラスチック製のストローの使用を禁止している国もあります。

繰り返し使うことのできる『CORKCICLE』のステンレス製のストローは、元から少し角度が付いているので飲みやすく、プラスチック製のストローを使うよりも、高級感を演出できます。

『TUMBLER STRAW800円(本体価格)

ステンレス製のストローはこちら

機能を求めると武骨なデザインが多く、見た目で選ぶと機能面がいまいち…という悩みを解決してくれる『CORKCICLE』のタンブラー

豊富なデザインから自分好みの一品を探し出してみてください。いままでのティータイムが、これまでとは違ったものに変わりますよ。

CORKCICLE』のタンブラーは、grape SHOPにてご購入いただけます。

『CORKCICLE』のタンブラーを購入する


[文・構成/grape編集部]