BMWの豪華なクーペといえば、以前は『6シリーズ』だったが、今は『8シリーズ』だ。今後6シリーズはルーフの低い4ドアセダングランクーペ、居住空間や荷室の広いグランツーリスモになる。

【大きい画像を見る】BMW 8シリーズ 新型(M850i xDriveクーペ)


試乗した8シリーズは「M850i xDriveクーペ」で、エンジンV型8気筒4.4リットルターボだ。駆動方式は4WDになる。

動力性能は高く、どの回転数からでも、アクセルペダルを踏み込めば強力な加速を開始した。アクセル操作に対する反応も素早い。停車状態から100km/hに達するまでの所要時間は3.7秒だという。

操舵感はBMWらしく、小さな舵角から几帳面に向きを変える。シャシーの性能が高く、4WDも併用するから、走行安定性は際立って優れている。車両重量が1990kgに達するLサイズクーペだが、ボディの重さを意識させず、ミドルサイズのような感覚で運転できた。

安定性が高いために、速度が実際よりも低く感じられ、注意しないと過剰なスピードを出してしまう。その一方で乗り心地は、上級サルーンのように快適だ。

BMW 8シリーズは、高速道路を使った長距離移動に適する。安定性が抜群に高いから、法定速度の範囲内で走れば、危険回避能力を含めて、きわめて安全なクルマとして機能する。進化した運転支援機能も、高速道路の走りを一層快適にしてくれる。

ただし価格は1714万円と高いから、実際にはBMWを何台も乗り継いだ愛好家に向けたモデルといえるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース★★★★★
フットワーク★★★★★
オススメ度:★★★

渡辺陽一郎|カーライフジャーナリスト
1961年に生まれ、1985年自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年フリーランスのカーライフジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。【ほかの画像を見る】BMW 8シリーズ 新型(M850i xDriveクーペ)

BMW 8シリーズ 新型(M850i xDriveクーペ)