イギリススカイスポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。

“ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。

そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲルアンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。

なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。

サムネイル画像